仕事 つまらない 当たり前
仕事がつまらなくて悩んでいる会社員『仕事がつまらない…。どうすれば仕事が楽しくなるんだろう?転職した方がいいのかな?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、会社員の仕事がつまらないのは当たり前です。

仕事で成果を出してもつまらないですし、転職しても結局仕事がつまらないのは変わりません…。

なぜなら会社員は、経営者のために自分の労働時間を売っているから、です。

つまり、会社員の時間は給料と交換されているのです。

そのため経営者は会社員に対して、仕事のやりがいや仕事の楽しさを提供する義務などありません。

雇用契約書では『労働時間と給料を交換すること』しか明記されていないのです。

それなのに、仕事がつまらない…と悩むのは、論外だと思いませんか?

では、どうすれば仕事が楽しくなるのか?

それは、自分の事業を持つしかありません。

自分に全ての権限がある事業の中でなら、給料もやりがいも楽しさも求めてOKです。

だって、全責任が自分にありますからね。

つまり仕事を楽しみたいなら、自分の事業を持つしかない、ということです。

ドフラ
こんにちは。会社の仕事に楽しさを求めなくなった、ドフラです。

記事を書いている僕は【月給15万円の倉庫作業員⇒月給40万円のIT業界社員⇒副業で月収3〜5万円】という流れで人生を変えてきました。このブログでは僕が経験してきた全てを伝えていきたいと思っています。

本記事では、『会社員の仕事がつまらない理由』から『本気で仕事を楽しむための方法』までを解説しています。

記事を読めば、仕事がつまらないときの対処法がわかり、悩んでも無駄なことに時間を使わなくても良くなります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

会社員の仕事がつまらないのは当たり前!副業なら完全に楽しめる理由

『会社の仕事がつまらない…』と本気で悩んでいる人はたくさんいます。

でもこの悩みに時間を使うのは、無駄としかいえません。

  • もっとやりがいのある仕事を求めて転職する
  • もっと仕事で成果を出せば楽しめるようになる

このような幻想を抱いて行動しても、結局仕事はつまらないままです。

ここで質問です。

あなたは誰のために、毎日会社に出勤していますか?

『自分のため』と答えたい気持ちはわかりますが、あなたが会社に行って労働するのは、経営者のビジネスを機能させるためです。

つまりあなたが毎日出勤するのは、経営者のためなのです。

あなたは自分の労働時間を、経営者が保有するお金と交換しています。

これが会社員と経営者の関係。

だから会社員の立場で、仕事に給料以外のものを求めるのはお門違いなのです。

会社員の仕事が楽しいわけがない!他人に雇われている限り発言権はゼロです

会社運は他人に雇われている。

会社員の仕組みの根源は、奴隷制度からきているといわれている。

会社奴隷や社畜という言葉があるように、やはり会社員には自由はないのです。

他人が用意した仕組みの中で仕事をする限り、発言権はゼロです。

もちろん、自分の名前も残らない。

仕事で成果を出しても、全て経営者の功績となります。

これが資本主義。労働者と資本家の関係だ。

会社員の仕事が楽しくない理由とは?経営者に全てを奪われる人生

『会社員は搾取されている』

こんな話もよく聴きますよね?

会社員は経営者に時間を奪われて、名前を奪われ、功績を奪われ、アイデアを奪われ、自由を奪われます。

でもこれは経営者が悪いわけではなく、ちゃんと契約書を交わしてのこと。

会社員と経営者は、そういう契約をしているのです。

もっと言えば、誰にでも経営者になるチャンスがある。

申請書一枚で個人事業主になれるし、会社も簡単に作れる時代。

会社員として生きるか、経営者として生きるかは、誰にでも平等に選ぶ権利がある。

会社員は搾取されていると言いながら、本当は自分で搾取される人生を選んでいる。

これが会社員の本当の姿です。

あなたは、どちらの道を生きたいですか?

会社員を卒業するまでは仕事がつまらなくても耐えるしかない!

とはいえ、世の中の経営者のほとんどが、最初は会社員からスタートしています。

会社の2代目3代目やよほどの資産家でない限り、もともとは会社員だったということ。

今は名だたる上場企業の創業者たちも、最初は会社員たったわけです。

会社員から経営者になるためには、仕事がつまらなくても、耐えなければいけない期間が必ずある。

仕事を耐えて固定給を確保しながら、会社員以外の余った時間を自分の事業に投下する。

なかなかハードだけど、これを乗り越えないと、経営者側には絶対に行けない。

だから会社員を卒業するまでは、つまらない仕事に耐えるしかないのです。

仕事を楽しみたいなら副業を始めるのがおすすめです!

本当の意味で『仕事を楽しみたい』と思うなら、まずは会社員をやりながら、副業を始めるのがおすすめです。

いきなり会社を辞めてしまうと、収入源がゼロになるのでリスクが高すぎる。

だから最初は会社からの固定給で生きるためのお金を確保しつつ、副業という自分の事業を持つのがおすすめ。

副業はスモールビジネスとはいえ、全てが自分の思い通りになる。

社内稟議を上げる必要もないし、上司にお伺いをたてる必要もない。

何をやってもいいのが、副業の最大の魅力だ。

ブログを始めてもいいし、転売を始めてもいいし、不動産を始めてもいい。

副業はビジネスなので、『どうすればお金を儲けられるか?』を常に考えるようになる。

これは儲かりそうか?
この投資は赤字になるか?
いつ頃黒字転換できそうか?
新しいビジネスのネタはないか?
この商品はなぜ売れているのか?

副業を始めると、普段からこのようなことを考える習慣が身に付きます。

とはいえ、『常に仕事のことなんか考えたくない!』という方もいると思います。

でも、ひとつ言えることは、これは何のストレスでもないんです。

自分を豊かにするために頭をつかっているので、楽しくて仕方がないのです。

副業を始めることで、本当の仕事とは何か?がわかるようになりますよ。