仕事 つまらない 転職
仕事がつまらなくて悩んでいる人『今の仕事がつまらない…。転職すれば楽しい仕事に出会えるかな?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、仕事がつまらないからといって転職しても、楽しい仕事など見つかりません。

むしろ、今よりきつい仕事になる可能性もあります。

その理由は、会社に雇われた状態で仕事をする限り、仕事はきついし、辛いものだからです。

会社は従業員に対して、労働時間に見合った給料を受け取る権利を与えていますが、仕事を楽しむ権利など与えていないのです。

会社と従業員は雇用契約で、給料と労働時間を等価交換する契約を結んでいるので、給料を受け取っている従業員に『楽しい仕事がしたい!』と主張する権利などありません。

つまり、どの会社に転職しても仕事はつまらない、ということです。

ドフラ
こんにちは。会社員卒業を目指している、ドフラです。

記事を書いている僕は【月給15万円の倉庫作業員⇒月給40万円のIT業界社員⇒副業で月収3〜5万円】という流れで人生を変えてきました。このブログでは僕が経験してきた全てを伝えていきたいと思っています。

本記事では、『転職しても仕事はつまらない理由』から『本当に楽しい仕事のはじめ方』までを解説しています。

記事を読めば、仕事がつまらないからといって、転職しても意味ない理由がわかり、どうすれば楽しい仕事を始められるかがわかります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

仕事がつまらないからといって転職しても無駄な理由【3分で解説】

『今の仕事がつまらないから転職しようかな…』

このように考える方もいますが、これはかなり的外れな行動…。

どん会社でも、どんな仕事でも、他人に指図される人生は苦痛です。

会社員で『仕事が楽しい!』と言っている人は、自分の本音を隠しているはずです。

残念ながら、会社員はどこまでいっても、きついです…。

好きでもない作業をやらされますし、行きたくなくても毎日出勤しないといけないですし、関わりたくない同僚やお客様と仕事をしないといけないですし…。

これって、どの会社に転職しても、同じですよね?

ここを理解しておかないと、無意味な転職をくり返すことになります。

転職後も仕事はつまらない!むしろもっときつくなる!

『転職すれば仕事が楽しくなる!』という期待を抱いて転職しても、結局仕事はつまらないものです。

それどころか、前職よりもきつくなることさえある。

なぜなら転職すると、新しいことをイチから覚えないといけないですし、その職場の人間関係が良いかもわからないからです。

せっかく数年かけて、仕事の知識やスキルを積み上げたのに、転職でそれをリセットするのはもったいない。

数年かけけて築いた人間関係も、またゼロからやり直しなんて、コスパが悪すぎます。

会社員のスキルは、普通に数年働いていれば、ある程度は磨かれます。

一定のスキルがあれば、仕事を早く終わらせることができるので、会社が終わった後も、自分の時間や気力が余りますよね?

それを、自分の好きなことややりたいことに、全部突っ込む。

できれば、お金を稼げる商品やビジネスに突っ込む。

そうすると、つまらない会社員を、いつか辞めれるときがきます。

会社員は仕事がつまらないのを耐えるしかない

会社員で仕事をするなら、つまらないことに耐えるしかありません。

経営者は従業員に対して、楽しい仕事を提供する義務はない。

経営者の義務は、毎月決まった給料を従業員の銀行口座に振り込むこと、です。

これだけ。

それなのに、雇われの身である会社員が、会社に仕事のやりがいを求めるなど論外…。

『仕事がつまらない人生なんて嫌だ!』

そう主張するなら、他人に依存する人生から、今すぐ脱却しなければいけない。

自分の好きなことをして生きている人、やりたくない仕事はしない人、他人に縛られず常に自由な人は、自分に依存する生き方をしています。

事業主:自分のことは自分で責任を取る。その代わり全てが自由。
会社員:自分で責任を取らずに会社に依存する。その代わり不自由。

こういうことです。

仕事がつまらない人生を変えたいなら自分の商品を持つしかない

『仕事がつまらない人生を変えたい!』

このように思う方は、自分の商品を持つしかありません。

自分の商品とは、自分のためにお金を生み出してくれるビジネスモデルのこと、です。

会社員は仕事でどれだけ大きな利益を出しても、利益のほとんどを会社に奪われますよね?

たとえば、僕が働いていた会社の営業マンには、歩合制度(インセンティブ制度)があった。

この歩合制度の内容は、次のとおり。

利益:120万円→歩合:3万円
利益:180万円→歩合:5万円
利益:200万円→歩合:8万円

このように利益の95%以上が、会社に奪われるのである。

これが自分の商品になると、全額自分に支払われる。

もちろん税金などは差し引かれるが、さすがに95%消えるなんてことはあり得ない。

現在の僕は会社員をやりつつ、副業ブログでお金を稼いでいるが、毎月3〜5万円を副業で稼いでいる。

ぶっちゃけ同じ10万円を稼ぐなら、自分に直接入ってくる収入を増やすために、時間と労力をつかう方がコスパがいいですよね?

こうやって考えると、必要最低限の時間と労力で会社員の仕事を終わらせて、残りの時間を自分の事業に、全振りする方がいいと思いませんか?

これでいくと、仕事がつまらないから転職する、という選択はめちゃくちゃ効率が悪いのです。

他人の会社で労働する限り発言権も自由もない

会社員として、どれだけ実績を残しても、会社からもらえるのは微々たる報酬と無価値の賞賛だけ。

僕は営業マン時代、新規開拓で年間2,000〜3000万円の利益を会社に残していた時期がありますが、このときの年収は500万円。

あとは、年末に会社で行われる成績発表会で表彰されることと、そのときにもらえる賞金10万円でした。

たしかに、社員全員の前で表彰されるのは気持ちよかったですが、それはその一瞬だけのことです。

年が明ければ、またきつい営業活動をしなければいけなかった。

こんな生活を5年ほど続けた結果、さすがに僕も気づきました。

『これ、エンドレスでラットレースを走らなきゃいけないじゃん!』

こう思ってからは、会社での働き方を180度変えましたね。

営業成績トップのポジションは後輩に譲り、今まで会社で売上をつくるためにやっていたサービス残業の時間は、全て自分の副業につかうことにしました。

他人の会社で働く限り、自分に発言権はありませんが、自分の事業である副業は、全てやりたい放題です。

僕は副業を始めてから、初めて『好きなことをしてお金を稼ぐ』という充実感を味わうことができました。

もしあなたが『仕事がつまらないから転職しようかな…』と考えているなら、転職する前に副業を始めてみてはどうか?

転職するよりも、はるかに多くのものが、手に入ると思う。