「将来の不安を解消したい」
「仕事に困らないようになりたい」
「20代で何を経験しておくべきか知りたい」

このような方向けの記事です。

「このままこの仕事を続けていても大丈夫だろうか?」と不安を抱えながら働いている人は多いです。

結論からいうと、将来の不安を解消したいなら、20代のうちに営業職を経験しておくべきです。

その理由は、営業職がビジネスの基礎を身に付けるのに、最適な職種だからです。

20代で営業経験があるかないかで、30代以降にできる仕事の幅が全然違ってきます。

この記事を書いている僕は、26歳の時にフリーターから営業職に転職したおかげで、仕事に対する価値観が大きく変わり、将来仕事がなくなるかもしれないという不安はなくなりました。

今回は「将来の不安を解消する仕事の選び方」について僕の経験も踏まえて解説していきたいと思います。

3分で読めると思うので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

将来に不安しかない人の特徴

将来 不安 仕事

「将来に不安しかない…」という人は、このような特徴があります。

  • 自分のスキルや経験に自信がない
  • 知っている仕事の種類が少ない
  • どんな仕事が稼げるかを知らない
  • 世の中の仕組みを理解していない
  • 視野が狭い

将来に不安がある理由は、5年後10年後の自分が仕事で稼いでいるイメージができていないからです。

なぜ稼いでいるイメージができないのか?

それは、稼げるスキルや経験がないからです。

稼げるスキルや経験を身に付けるためには、そもそもどんな仕事がこの先も稼げるのかを知らなければいけません。

多くの人が仕事を選ぶ時に、長期的な視点ではなく、求人票に載っている仕事内容や勤務時間、休日数や給料などの目先の短期的な視点で判断します。

目先の給料が高いからといって、5年後10年後の給料が高いわけではないのです。

稼げる仕事を調べるためには、世の中の仕組みを理解しておく必要があります。

どこに人が集まって、どこにお金が集まって、何をする人が重宝されて、何をしていれば安全か。

まずは、このような長期的な広い視野を持って、物事を考えられるようにならなければいけません。

広い視野をもつために効果的なのが、書籍を読んだり、自分よりもレベルの高い人から話を聴いたりすることです。

これらによって思考が変化すると、将来の不安を解消するための第一歩を踏み出せます。

将来の不安を解消する仕事の選び方

将来の不安を解消したいなら、応用性の高い仕事を選ぶべきです。

これはどういうことか?

応用性の低い仕事の例を挙げると、事務職、清掃員、飲食店スタッフ、ドライバー、警備員、倉庫作業員、美容師、保育士などです。

これらの仕事は業務範囲が狭いので、その経験を活かして他の業界に移動したり、他の仕事と組み合わせて市場価値を高めたり、といったことが難しいです。

事務職の人はずっと事務職しかできないし、美容師の人もずっと美容師しかできないということになります。

応用性の高い仕事の例を挙げると、営業職、経営企画、マーケティング、ITエンジニア、コンサルタントなどです。

これらの仕事は業界を移動することもできますし、他の経験と組み合わせて自分の市場価値を高めていくこともできます。

ただしスキルも経験もない人が、いきなりマーケティングなどの専門職を目指すのは厳しいので、まずは敷居の低い「営業職」から挑戦するのが現実的です。

つまり、将来の不安を解消するためには「営業職」を選ぶべきなのです。

この記事を書いている僕は、未経験から営業職を経験した後で、WEBマーケティング、経営アドバイザー、セミナー講師、採用コンサルタント、転職エージェントなどのキャリアを経験しましたが、営業職の経験を応用することで対応できました。

スポンサーリンク

営業経験があると将来の不安が消える

将来 不安 仕事

営業経験があると、なぜ将来の不安が消えるのか?

それは営業職が、ビジネスの基礎力を身に付けるのに、最適な仕事だからです。

営業職の仕事を選べば、「商品を仕入れる→お客様を見つける→お客様に提案する→お客様に納品する→料金を回収する→お客様のサポートをする→他のお客様を紹介してもらう」という広範囲でビジネスと関わることができます。

ビジネスの全体を把握した上で業務を行うのと、ビジネスの一部分しか理解せずに業務を行うのとでは、ビジネス感度に大きな差が開きます。

「将来の不安を解消したい」という観点で仕事選びを考えるなら、広範囲でビジネスに関われたほうが有利です。

「会社の売上がいくらあって、そこからいくらの経費を差し引いて、最後にいくらの利益が残るのか?」を考える習慣が身につくとビジネスマンとして強くなります。

どうすれば儲かるかをしっかり考えれるビジネスマンは、どのような仕事をする上でも重宝されます。

大体の会社員が、「与えられた仕事をただこなすだけ」という思考なので、営業経験があるだけでその他大勢から一歩前に出ることができます。

将来に不安を感じる20代は営業職を選ぶべき

将来の不安を解消したいなら、20代のうちに営業職を選んだ方がいいです。

その理由は30代に入ってしまうと、未経験から応募できる営業職の求人が一気に少なくなるからです。

未経験者を採用する企業の多くが、29歳までという年齢制限を設けています。

  • 実際に転職市場では28歳を越えると、未経験から応募できる求人数が少なくなっていきます。

あとはメンタルブロックの問題ですね。

30代に近づけば近づくほど、新しいことにチャレンジしようという気持ちになれなくなります。

「今の自分を変えたくない」という保守的な気持ちが強くなってしまい、とにかくフットワークが重くなります。

ですから行動するなら、20代半ばまでがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

最後に「将来の不安を解消する仕事の選び方」の要点をまとめておきます。

  • 将来の不安がある人は知識や情報が不足している
  • 応用性の高い仕事を選ぶと将来の不安がなくなる
  • 将来の不安を解消するなら営業職が最適な仕事
  • 営業経験があると将来の不安が消える
  • 20代のうちに営業職を経験しておくのがおすすめ

「自分はスキルも経験もないから、将来どうなるか不安…」という方はたくさんいます。

しかし悩んでいるだけでは、現状は何も変わりません。

自分の市場価値は高くないと思うなら、市場価値を高めるための第一歩として「営業職」を経験してみてはいかがですか?

営業経験によって培われたビジネスの基礎力は、あらゆる業界や職種で応用ができます。

30代以降の人生を明るくしたいなら、まずは一歩前に踏み出してみませんか?

スポンサーリンク