• ビジネススキル向上させたい
  • 将来仕事に困らないスキルを身につけたい
  • 手に職をつけて市場価値を高めたい

このような方に向けて記事を書いています。

ビジネススキルを向上させる方法には、研修、セミナー、書籍、資格、社会人の塾、オンラインサロンなど。様々なものが思いつきますよね。

しかし、具体的に何をすればいいのかわからないという方は多いです。

結論からいうと、ビジネススキルを向上させたいなら、営業職を経験するのがおすすめです。

その理由は、営業職がビジネスの基本を学べる仕事であり、様々なキャリアに応用可能なビジネススキルが身に付く職種だからです。

この記事を書いている僕は、26歳の時にフリーターから営業職に転職してビジネスの基礎力を身につけたおかげで、これまでにWEB業界、広告業界、人材業界、セミナー業界で仕事をすることができました。

この記事では「ビジネススキルを向上させる方法」について、僕の経験を踏まえて解説しています。3分で読める内容ですので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

ビジネススキルとは?

ビジネススキル 向上

一般的にビジネススキルの定義は、「ビジネスパーソンが仕事において、高いパフォーマンスを発揮するためのスキル」とされています。

つまり、ビジネスをする上で必要なスキルです。

いまは人生100年時代といわれ、大企業のリストラや転職が当たり前になっていますので、一つの会社で一生働き続けるという人はほとんどいません。

このような時代に求められるビジネススキルは、どのような状態でも成果を出せるスキルです。

これはビジネスをする上での基礎力ですね。

基礎力がしっかりしていれば、それを応用させて様々なキャリアで活躍することが可能になります。

具体的にはコミュニケーション能力、交渉力、営業力、スケジュール管理力、改善力、課題発見力、ビジネスモデル構築力などです。

どのようなビジネスに携わるにしても、これらの能力は必要になりますので、一度身につけてしまえば一生使えます。

ビジネススキルを向上させる方法

ビジネススキルを向上させる方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

ビジネススキルを向上させるには、研修、セミナー、資格取得、塾、学校、オンラインサロン、コンサルティングなどの方法があります。

お金や時間に余裕がある人は、これらを受講してもいいと思います。

しかし20代30代の若手人材には、お金も時間もないという方が多いです。

実際に僕自身がそうでした。年収300万円前後で毎月ギリギリの生活をして、サービス残業や休日出勤によってプライベートの時間が確保できない、というような状況の方も多いと思います。

このような方が、手っ取り早くビジネススキルを向上させる方法が「営業職に転職すること」なのです。

ビジネススキルが高い人は営業経験がある

営業職の仕事はビジネスの基本が学べます。

  • どうやってお客様を開拓するのか?
  • どうやってお客様に買ってもらうのか?
  • どのような商品が売れるのか?
  • どうやって利益を最大化させるか?
  • 顧客満足度を高めるための方法は?
  • ビジネスをうまく回すためのスケジュール管理は?

営業職にはこれらの能力が求められますので、営業職として仕事をしているだけで、これらのスキルが身に付くということです。

つまり給料をもらいながら、ビジネススキルを向上させられるということです。

ビジネススキルを身につけてしまえば、それを応用して専門職にキャリアチェンジすることも可能です。

たとえば、経営戦略、マーケティング、商品企画、人事、管理職などの専門職で、第一線で活躍している人の中には営業経験のある人が多いです。

営業経験があると、ビジネス全体を広い視野でみることができるので、どのような職種にキャリアチェンジしても、それなりにやっていけるのです。

このような理由から、ビジネススキルの高い人には、営業経験者が多いといえます。

スポンサーリンク

凡人がビジネススキルを高めるなら営業職の一択になる

ビジネススキル 向上

スキルも経験もない凡人の方が、ビジネススキルを高めるためには、営業職の一択しかありません。

資格を取得したり、研修を受けたりすると、ビジネススキルが身に付いた気になりますが、机の上で学んだことと実際の現場は違うところも多いです。

もちろん勉強するのは大事なので、そのまま継続するべきですが、現場で経験したほうが圧倒的にスキルが身に付きます。

実際のビジネスの現場には、様々なお客様がいたり、競合他社がいたり、社内にもライバルがいたりします。

その中で、いかに成果を出していくかを考えて、日々改善しながら業務に取り組む経験は、自分にとっての貴重な資産になります。

様々な知識が吸収できて、多くの経験ができて、たくさんの人に会うことができる営業職は、ビジネススキルを高めるために最適な仕事だといえます。

僕自身も底辺のビジネスパーソンから営業職に転職して、仕事に対する価値観が大きく変わり、自分にできることがめちゃくちゃ増えました。

30代になって思うのは、20代のときに営業職を経験しているかどうかで、その後の人生が大きく違ってしまうということです。

もし自分が20代で、営業経験を積んでいなかったらと思うと、ゾッとします。

スポンサーリンク

ビジネススキルは常に磨き続けなければいけない

未経験から営業職に転職して、ビジネススキルを向上させることができたら、そこで終わりではありません。

ビジネスの世界は刻一刻と変わり、どんどん新しいビジネスモデルが登場します。

たとえば、事務職、倉庫作業員、ドライバー、銀行員などは将来的になくなる仕事だといわれています。

営業職に関しては、ルート営業などの誰でもできる業務内容のものでなければ、近い将来になくなるということはないと思います。

しかし、業界やビジネスモデルによっては、今後衰退する可能性もあるので、常に新しい情報や知識を吸収して、自分のスキルを高め続けなければいけません。

ビジネススキルの基礎力は営業職を経験することで身に付きますが、それをどのように応用できるかは、そのあとに吸収できた知識や経験に左右されます。

ですから、絶対にサボってはいけません。

生涯学び続けなければ、誰でも居場所がなくなります。

いつでもどこでも活躍できるスキルを身につけて、そのスキルを磨き続けることでしか、人生を安定させられる道はないのです。

僕自身が営業職を経験して思うことは、ビジネススキルを向上させたいなら、とりあえず営業職に転職するのがおすすめだということです。

ビジネススキルを向上させる方法【まとめ】

最後に「ビジネススキルを向上させる方法」の要点をまとめておきます。

  • どのような状態でも成果を出せるスキルが必要な時代
  • 営業経験を積めば手っ取り早くビジネススキルを向上させられる
  • 凡人がビジネススキルを高めるなら営業職の一択になる
  • ビジネススキルが高い人は営業経験がある
  • ビジネススキルは常に磨き続けなければいけない

僕は26歳の時に未経験から営業職に転職しましたが、営業を経験して自分が1番変わった点は、視野がだいぶ広くなったことです。

世の中のビジネスがどのように成り立っているのか、何が儲かって何が儲からないのか、どのようなスキルを身につけておくと将来困らないのか、ということがわかるようになりました。

20代でとにかく成長したい方や、将来困らないようにスキルを身につけたい方には、心から営業職の仕事をおすすめできます。

ただし、初めての営業職への挑戦は不安だと思います。

僕も当時は不安だったので、ひとりで転職活動するのではなく、転職エージェントに登録してアドバイザーに相談しながら転職活動をしていました。

自分で求人を見つけれる方はいいですが、ひとりでの転職が不安な方は転職エージェントに登録して、転職活動を進めるのがおすすめです。

今回の内容が、少しでもあなたの参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの人生を応援しています!

スポンサーリンク