• 未経験から営業に転職したい
  • 営業に転職するためのコツが知りたい
  • 営業に転職して人生をやり直したい

このような方に向けて記事を書いています。

営業の仕事に興味はあるけど、未経験だから転職するのが不安で迷っているという方は多いです。

結論からいうと、営業職はポテンシャル採用をする企業が多いので、自分のビジョン設計ができていれば受かりやすいです。

自分のビジョンをもとにした転職理由や志望動機があれば、未経験からでも営業に転職することはできます。

この記事を書いている僕は、26歳の時に未経験からWEB業界の営業に転職することができました。

営業に転職すると知識やスキルが大幅に増えますし、人生観も大きく変わるので、少しでも営業に興味のある方には絶対におすすめです。

この記事では僕の体験談をもとに「未経験から営業に転職する方法」をまとめてあります。3分で読める内容なので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

未経験から営業に転職するなら志望動機が重要

未経験から営業に転職するのは、いろいろと不安ですよね。

  • 面接で何を聞かれるんだろう…
  • 未経験でも内定をもらえるのかな…

このような不安によって、なかなか転職活動が進まない方も多いと思います。

でも安心してください。

未経験でも営業に転職することは可能ですし、入社後も営業として活躍できます。

僕自身が年収200万円のフリーターから、未経験で営業に転職して、20代で年収500万円を稼げるようになりました。

ですから、やり方次第で誰でも営業に転職できるし、営業で成果を出すこともできると思っています。

未経験の方が営業に転職するためには「志望動機」がかなり重要です。

  • なぜこの業界を志望するのか?
  • なぜ営業を志望するのか?
  • なぜ御社を志望するのか?

この志望動機が前向きな内容になっていれば、高い確率で内定を獲得することができます。

求職者の方の中には、もっと休日を増やしたい、残業をしたくない、人間関係を改善したい、というネガティブな理由で転職活動をしている方も多いです。

転職理由がネガティブだと、志望動機がショボくなることが多いです。

たとえば、こんな感じです。

  • ワークライフバランスを整えたい
  • 残業を減らしてプライベートを充実させたい
  • 良い人間関係の職場で働きたい

もしあなたが採用担当の立場だったら、この志望動機をみて、どう思いますか?

こんな人物を採用したくないですよね。

立場を変えて、物事を考えればわかるのですが、このようなショボい志望動機をつくっている方は結構多いです。

営業に本気で転職したいなら、業界・職種・会社への志望動機を、前向きで明確な内容にしておきましょう。

営業職はポテンシャル採用だから自己PRが大事

営業 転職 未経験

なぜ未経験でも営業に転職できるのかというと、ポテンシャル採用をする会社が多いからです。

多くの会社が、学歴や資格や経験ではなく、本人の中身を重視して、採用するかを判断します。

ですから未経験から営業に転職したい方は、自分の中身をいかに魅力的にアピールできるかが重要です。

営業として採用してもらうためには、まずは書類選考に通過する必要があります。

履歴書や職務経歴書の内容がショボいと、ポテンシャルが低い人材だと思われて落選します。

採用担当は1日に数十人の応募書類をチェックしていますので、1人分の書類にかける時間は30秒くらいです。

たとえば、字が汚い、誤字脱字が多い、内容が薄い、読みにくい、という応募書類は論外で、即不採用になります。

まずは最低限の読みやすい応募書類をつくった上で、ほかの応募者と差をつけなければいけません。

では、応募書類のどの部分で、差をつければいいか?

応募書類の中で、自分のポテンシャルをアピールできる部分は「自己PR」です。

自己PRの内容には、自分の過去の経験や性格をもとに、御社に貢献できる内容をアピールしていきます。

自己PRをつくるときのポイントは、抽象的な表現を使わずに、具体的な表現を使うことです。

具体例を紹介しておきます。

ダメな自己PR文

「やる気と根性は誰にも負けないので、この経験を活かして御社の営業職として活躍したいと考えております」

採用されやすい自己PR文

「私は柔道部の経験が15年あり、部活を通してやる気と根性を身につけました。この経験を活かして、御社の営業職として、目標を達成するまで絶対に諦めない姿勢で取り組み、御社に貢献したいと考えております」

自己PR文には、自分が過去に頑張ってきたことをさりげなく入れ込み、数字を使って具体的な内容にすると、書類が通過しやすくなります。

求職者の8割以上が、ダメな自己PR文を書いているので、その中で作り込まれた自己PR文があると、目立って採用されやすくなります。

企業の採用担当は、部活の経験がある人材を採用する傾向があるので、部活経験があれば、ここに入れておくのがおすすめです。

未経験から営業に転職したいなら面接で工夫しよう

無事に応募書類が通過したら、そのあとは、いよいよ面接になります。

営業はポテンシャル採用されることが多いので、自分の中身を伝えられる面接は、かなり重要になります。

応募書類の完成度が高くても、面接でボロが出て落選するということは多いです。

僕は転職エージェントの仕事もしていますので、これまでに数百人の方を営業職の面接に送り込みましたが、かなり深くまで質問されて答えられずに落選した方は、たくさんいました。

面接官は多数の求職者を面接してきているので、志望度が低い方を見抜くスキルを持っています。

ですから、どれだけ取りつくろっても、簡単にバレます。

面接官は「その人の本質がわかるような質問をする技術」を持っているのです。

営業の面接では、嘘や偽りは通用しません。

真っ向勝負で「なぜ営業がやりたいのか?」を伝え、あなたのポテンシャルを大いにアピールしましょう。

「この人は面白そうだ!」「この人はポテンシャルが高い!」と思ってもらうためには、面接でのプレゼン力が必要です。

ほかの応募者とは、ひと味違ったアピールができれば、あなたの印象は面接官に残ります。

営業未経験であっても、前職やアルバイト、部活などの実績や頑張った経験が一つくらいはあるはずです。

たとえば、僕が実践した方法ですと、自分の実績や経験をイラストや写真つきで一枚の紙にまとめて、面接に持参し、それをもとに自己紹介をしました。その結果、フリーターからWEB業界の営業に転職することができました。

面接に正解はないので、いろいろな工夫をしましょう。

「どうすれば、あなたの魅力が伝わるか?」
「どうすれば、あなたを採用したいと思うか?」

面接は営業の商談と同じなので、いかに商品である自分が、買い手である応募企業の役に立つかを伝わるようにするのです。

これができないなら、そもそも営業として活躍することはできません。

スポンサーリンク

営業転職に成功するポイントは自分のビジョン設計

営業 転職 未経験

営業転職の成功率を高めるためのポイントは「自分のビジョン設計をつくり込むこと」です。

営業の仕事は「お客様の課題を発見し、その課題を解決するための商品を提案すること」です。

契約率を高めるために大切なことは、お客様の現状と理想のギャップを見つける作業です。

たとえば、今の売上が1000万円の企業に対して商品を提案する場合、ただ商品を提案するだけでは買ってくれません。

企業の課題や目標を確認する必要があります。

企業から商談で、「今の売上は1000万円だけど、将来は2000万円の売上をつくりたい」というような話が聴ければ、売上を2000万円に増やすために商品を提案することができます。

つまり、目標の売上2000万円と現状の売上1000万円の間にあるギャップを埋めるために、商品を買ってもらうということです。

相手の目標を聴きだすためには、自分に目標をもつ習慣がないといけません。

目標をもつ習慣の第一歩が、自分のビジョンを設計することです。

「20代のうちに年収500万円稼げるようになりたい」
「30代になったらマネジメント職に就きたい」
「入社5年で社内ベンチャーで事業を立ち上げたい」

将来的にビジョンは変わっても問題ないので、一度今のあなたのビジョンを設計してみましょう。

「ビジョンを達成させるための手段として、御社を志望します」という流れが構築できると、面接でどんな質問がきても、焦らずに対応することができます。

すべての質問に対して、自分のビジョンをもとに答えていけばいいだけなので、嘘や偽りでごまかす必要はありませんし、面接での受け答えに一貫性も出てきます。

このような状態で面接を乗り切れれば、内定を獲得できる確率はグッと高くなります。

さらに入社後も自分のビジョンをもとに行動できるので、落ち込んだときやうまくいかなかったときに、ビジョンに立ち返ることができます。

ビジョンは人生の指針的な役割も果たしてくれるので、転職を考えている方は絶対につくっておいたほうがいいです。

本気で営業に転職したいなら自分の内側の声に耳を傾けよう

転職活動では、企業研究や業界研究などの外部的な知識も大事です。

しかしもっと大事なのは、「あなたが何をしたいか?」です。

どの業界がいいとか、どの会社がいいとか、そういう情報が出まわっていますが、外部の声ばかりに気を取られていると、不本意な転職になってしまいます。

「書類選考⇒一次面接⇒最終面接⇒内定⇒入社⇒働き始める」という流れで、あなたは営業マンになっていきます。

多くの方が、それぞれの段階で「本当にこの会社でいいのか?」というような迷いを抱えます。

迷ったときに、自分の外側に答えを求めるのか、自分の内側に答えを求めるのかで、後悔するかどうかが決まります。

あなたの外側にいる人たちは、あなたのことをあなた以上には真剣に考えていないので、外側の情報だけで仕事を決めていくと、いつか行き詰ってしまいます。

「自分はどうなりたいのか?」
「そのために何をしなければいけないのか?」
「自分には何が向いているのか?」

これらの質問に対して、突き詰めて回答していき、あなたの人生の軸をつくったほうがいいです。

あなたの人生なのですから、あなたが決めるしかないのです。

自己分析をやりまくっている方は、営業の転職に成功しやすいです。

なぜなら、自己分析で自分の課題や将来を考える習慣がある人は、お客様の課題や目標を発見する能力が高いからです。

未経験から営業に転職したいと考えている方は、いったん自分の内側と向き合う時間をつくるのがおすすめです。

スポンサーリンク

未経験から営業に転職できた僕の体験談【まとめ】

今回の内容をまとめておきます。

  • 未経験から営業に転職するなら志望動機が重要
  • 営業職はポテンシャル採用だから自己PRが大事
  • 未経験から営業に転職したいなら面接で工夫しよう
  • 営業転職に成功するポイントは自分のビジョン設計
  • 本気で営業に転職したいなら自分の内側の声に耳を傾けよう

今回は、僕が営業に転職した実体験をもとに、話をさせていただきました。

営業に転職しようと考えられている点は、本当に素晴らしいと思います。

営業経験があると人生観が変わりますし、多くの知識やスキルが身に付きますし、一生応用できる経験を手に入れることができます。

しかし、営業が素晴らしい仕事であるがゆえに、採用基準が高いという点も事実です。

営業の求人には、未経験から応募できる求人が多いですが、採用担当のフィルターを通った、ごく一部の人材しか採用されません。

自分で考えて行動できる習慣があり、発言と行動に一貫性があり、前向きにチャレンジしていける人材だけが、営業にチャレンジする権利を獲得するのです。

この記事が、少しでも、あなたの参考になれば嬉しいです。営業への転職、頑張ってくださいね。

スポンサーリンク