• 1年で人生を変えたい…
  • 本気で人生を変えたい…
  • 底辺から抜け出したい…

このような方に向けて記事を書いています。

人生を変えたいと思いながらも行動に移せず、悶々とした日々を過ごしている人はたくさんいます。

結論からいうと、1年で人生を変えたいなら、環境を変えるのが1番早いです。

人間が変わるためには、「誰と、どこで、どのように関わっているか?」がめちゃくちゃ重要です。

環境を変えることで、関わる人間も、場所も、仕事内容も大きく変わります。

環境の変化により、自分が関わるものが大きく変わることで、自分の考え方や常識が大きく変わります。

この変化が、その後の人生を変えるための大きなきっかけになるのです。

この記事を書いている僕は、26歳の時に年収200万円の底辺フリーターから転職して年収500万円の営業マンになることができました。環境を変えることで、人生に対する価値観が大きく変わりました。

この記事では、僕の実体験をもとに「環境を変えて1年で人生を変える方法」を解説していきます。3分で読める内容なので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

1年で人生を変えるなら環境を変えるのが1番早い理由

1年で人生を変える

「1年で人生を変えたい」と思っている人は、たくさんいます。

結論をいうと、1年で人生を変えることはできます。

1年で人生を変えたいなら、あなたの今の環境を大きく変えてください。

たまに、「5年かけて1人前になります」とか「10年かけてリーダーになります」という人がいますが、時間がかかりすぎです。

目標達成のために時間がかかりすぎると、ダラけてしまい、結局継続できずに何も変えれない、ということになります。

これが投資やビジネスであれば、長期スパンで物事を考えなければいけませんが、自分の人生を変えるためには1日あれば十分です。

人生を変えるためには、自分の思考を変えればいいだけなので、新しい書籍を読んだり、結果を出している人の話を聴いたりすれば、多少は思考が変わります。

思考が変わったら行動に移さなければいけませんが、多くの人が行動に移す段階でつまずきます。

思考が変わった後は、行動に移さなければいけませんが、多くの人が行動に移す段階でつまずきます。

ですから、「短期集中型で人生を変える!」という姿勢の方が、行動に移すためのエネルギーが沸き上がり、人生を変えやすくなるのです。

スポンサーリンク

環境を変える1番の効果は人生が変わること

1年で人生を変える

環境を変えることで、強制的に自分を変えることができます。

人生を変えるためには、自分の思考を変える必要があります。

自分の思考を変えるためには、新しい知識や新しい経験を増やすのが効果的なので、ビジネス書を読みまくったり、セミナーに行きまくったり、すごい人に会いまくったりすれば、少しずつ思考は変えられます。

しかし日本の社会人は、とにかく勉強をしません。ある統計データによると、日本の社会人のうち仕事に役立つ書籍を読んでいる人は、全体の6%しかいないというデータもあります。

94%の社会人は、自ら学ぶ習慣を持っていないわけですから、環境を変えて、強制的に自分の思考を変えるしかないのです。

僕はフリーター時代に時間がめちゃくちゃあったので、1年に200冊ぐらいの本を読みました。

しかし、その経験よりも、フリーターから転職して、WEB業界の営業マンとして働き始めた1年間の方が、人生を変える影響力が大きかったと思います。

ですから、あなたがもし本気で人生を変えたいと思っているなら、仕事の環境を変えることから始めてみてください。

スポンサーリンク

環境を変えることへの不安や恐怖を克服する方法とは?

1年で人生を変える

「仕事の環境を変えれば、1年で人生を変えることができるのはわかったけど、環境を変えることに不安や恐怖がある…」

このような方も多いと思います。

先に伝えておきますが、環境を変えることに不安や恐怖心を抱くことは、別に恥ずかしいことではありません。

そもそも日本人の9割以上は、変化を嫌うのです。

変化を嫌う性質を逆に考えると、一度変化してしまえば、今度はそこから元に戻るという変化が嫌になるということです。

たとえば、読書の習慣がある人や自分を高めるための習慣がある人は、別に頑張っているわけではなく、その習慣を辞めることがストレスだから続けているのです。

ですから、まずは変化に対する不安や恐怖が、一度変化してしまえば、そのうち消えるという事実を理解しておいてください。

変化に対する不安や恐怖が、時間とともに消えるということを理解できたら、いよいよ変化への不安や恐怖を克服していく段階です。

環境変えることへの不安や恐怖に打ち勝つためには、環境を変えなかったときのリスクを考えましょう。

「環境を変えることで得られるメリット、それに伴うリスク」
「環境を変えないことで得られるメリット、それに伴うリスク」

それぞれをノートに書き出してみて、比較しながら、自分がどちらの人生を歩みたいかを決めるのです。

比較するときに、特に重要なのが、環境を変えることで得られるメリットをできるだけ具体的に書くことです。

「年収1000万円稼げるようになる」という漠然としたメリットでは、自分を本気で動かすことはできません。

「契約件数10件を毎月継続すれば、年収1000万円稼げる。年収1000万円あれば一軒家を買うことができる。結婚して子供を持つこともできる。毎月国内旅行に行き、半年に1回海外旅行に行ける」という感じです。

このようにメリットが具体的になっていると、自分が変わるための動機が強くなるので、不安や恐怖を克服することができます。

変化を嫌う社員のままでいると使い捨てられる

1年で人生を変える

変化を嫌う社員を続けていると、そのうち使い捨てられます。

一昔前は終身雇用制度が機能していたので、一社で定年まで勤めあげるという働き方が通用していました。

しかし人生100年時代となった今、中堅社員の大幅リストラや終身雇用制度の方かいなどを大手企業が次々と実施し、どこの会社で働いても生涯安泰ということはなくなりました。

このような変化の激しい時代に、変化を嫌う社員を採用したいと思う経営者がいると思いますか?

いるはずないですよね。

ですから、変化の激しい時代に生まれたことを受け入れ、時代の変化に順応しながら生きていくことが重要です。

「一つの仕事で一生食べていく」という古い考えは捨てて、業界や職種を横断しながら生涯学び続け、人生をかけてスキルや経験を磨き続けていくという働き方をしましょう。

正社員だとリスクが大きいと思う人は、自分が経営者になるという選択肢を持つのもいいと思います。

いずれにせよ、資本主義社会の中では、常に自分が提供できる価値を高め続けていくことが大切なのです。

あなたも人生を変えたいと思うなら、環境の変化を好む人になりましょう。

環境の変化を好む人だけが、大きなチャンスをつかみ取れるのです。

環境を変えて1年で人生を変える方法【まとめ】

最後に、「環境を変えて1年で人生を変える方法」の要点をまとめておきます。

  • 1年で人生を変えるなら環境を変えるのが1番早い
  • 環境を変える1番の効果は人生が変わること
  • 環境を変える時と変えない時のメリットとリスクを比較する
  • 変化を嫌う社員のままでいると使い捨てられる

1年で人生を変えたいなら、仕事の環境を変えるのが1番早いです。

多くの社会人は、1日の3分の1以上の時間を仕事に使っています。

つまり、人生の3分の1以上の時間を仕事に使っているということです。

これだけたくさんの時間を仕事に使っているわけですから、人生を変えたいなら仕事を変えるのが1番早いですよね。

僕自身も1年間で、年収200万円のフリーターから年収500万円の正社員になることができました。

ですから、少なくとも底辺から這い上がるだけなら、1年あれば余裕で変われると思います。

この記事が、少しでも、あなたの参考になれば嬉しいです。

あなたの人生がうまくいくことを応援しています。

スポンサーリンク