• 営業の仕事に興味がある…
  • 未経験から営業に挑戦したい…
  • 営業をやってみたいけど不安…

このような方に向けて、記事を書いています。

これから転職を考えている人の中で、営業の仕事に興味を持っている人は多いです。

しかし営業未経験だと、営業の種類がわからなかったり、仕事のイメージができなかったりという不安によって、前に進めない人がたくさんいます。

結論からいうと、営業経験のない人におすすめの営業職は「新規開拓の法人営業」です。

その理由は、新規開拓の法人営業は、未経験から採用してくれることが多いからです。

さらに専門知識や学歴がなくても、本人の頑張り次第で年収アップや昇格することも可能です。

この記事を書いている僕は、26歳の時に年収200万円のフリーターから新規開拓の法人営業に転職して、年収500万円稼げるようになりました。もちろん営業未経験の状態からの転職です。

今回は、営業に興味のある未経験の方に向けて、「未経験におすすめの営業職が新規開拓の法人営業である理由」を解説していきます。3分で読める内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

営業未経験からの転職に1番おすすめなのは新規開拓の法人営業

営業職 種類 おすすめ

僕は営業経験が9年ありますので、これまでに新規開拓の営業、ルート営業、法人営業、個人営業など、様々なジャンルの営業を経験してきました。

いろいろな営業を経験してきた僕が、営業未経験のあなたに1番おすすめだと思うのが「新規開拓の法人営業」です。

転職市場に出回っている求人の7割以上が営業の求人なので、若いうちに営業経験を積んでおくと、将来仕事に困りにくくなります。

しかし営業の求人には、「営業経験3年以上」という応募条件を設定している求人もあります。

営業未経験の方は、このような求人には応募できません。

では、どのような求人なら応募できるのか?

それは、未経験からでも応募できる営業の求人です。

営業の求人の中で、未経験からでも採用されやすいのが、新規開拓の営業です。

新規開拓の営業は、ゼロからお客様を開拓する仕事なので、営業が契約をたくさん取ってくるほど会社の業績も良くなります。

そのため新規開拓の営業の募集人数は比較的多めで、たくさんの人に挑戦するチャンスがあります。

新規開拓の営業にはどんな種類があるか?【個人営業と法人営業】

営業職 未経験 おすすめ

新規開拓の営業には、個人営業と法人営業がありますが、未経験の方におすすめなのは法人営業です。

個人営業は個人のお客様を相手に営業し、法人営業は企業を相手に営業するのですが、個人相手に仕事をしていると、基本的なビジネスマナーが身に付きません。

たとえば、電話のかけ方。メールの送り方、企業への訪問の仕方、言葉遣い、身だしなみなどです。

個人相手の仕事だとフランクな立場でのやりとりになりますが、法人相手の仕事だと最低限のマナーが必要になります。

できるだけ若いうちにビジネスマナーを身に付けておかないと、30代になってから「こんなことも知らないの?」「常識でしょ?」とバカにされることが多くなります。

ビジネスの基礎的なスキルを身に付けるためにも、法人営業の中で、新規開拓の営業を選ぶのがおすすめです。

ホワイト企業の営業職に転職できるのか?

「営業未経験からホワイト企業の営業職に転職したい」という方もいますが、はっきり言って、これはめちゃくちゃ難しいです。

そもそも「ホワイト企業の定義は何か?」という問題があります。

仕事選びで重要視するポイントは、人それぞれです。

「とにかくお金を稼ぎたい」
「残業をしたくない」
「休日がたくさんほしい」
「大手上場企業で働きたい」
「スキルが身に付く仕事がいい」

つまり、仕事に何を求めるかによって、その企業がホワイト企業なのか、ブラック企業なのかが決まるのです。

ここで一つ伝えておきたいことは、営業未経験の方が好待遇・好条件の求人に応募しても、採用されにくいということです。

なぜなら、好待遇・好条件の求人は人気があるので、営業経験や実績のある人も多く応募してくるからです。

そのような強いライバルがひしめく中で戦っても、未経験の人たちは埋もれてしまい、内定を勝ち取ることはできません。

未経験から営業に挑戦したいと思うなら、ある程度の妥協をしなければいけないのです。

スポンサーリンク

営業未経験から応募できる営業の求人には何がある?

法人営業 種類

営業未経験から応募できる営業の求人には、何があるのでしょうか?

僕はキャリアアドバイザーをやっていますので、ここでは僕が紹介できる、未経験から応募可能な営業の求人を紹介しておきます。

未経験から応募できる営業求人
  • 人材紹介業の営業(法人営業)
  • 企業向けの賃貸仲介の営業(法人営業)
  • クラウドサービスの営業(法人営業)
  • ホームページ制作の提案営業(法人営業)
  • モバイルアプリの提案営業(法人営業)
  • SNSマーケティングの提案営業(法人営業)
  • 動画制作の提案営業(法人営業)
  • 建築資材の提案営業(法人営業)
  • オフィス機器の提案営業(法人営業)
  • ケーブルテレビの営業(個人営業)
  • 生命保険の営業(個人営業)
  • マンション販売の営業(個人営業)
  • 自動車販売の営業(個人営業)
  • バイク買取の営業(個人営業)

未経験から新規開拓の法人営業に応募する場合、IT系やWEB系の商品を扱う会社が多い傾向があります。

「営業に転職して何を得たいか?」によって、選ぶべき求人は変わってきますが、個人的にはIT系やWEB系の商品を扱う会社を選ぶのがおすすめだと思います。

その理由は、IT系やWEB系のジャンルは時代の流れに乗っており、今後も市場が拡大する可能性が高いからです。

さらに営業が商品を提案する相手は、経営者や経営層の人たちが多いので、その人たちと関わることで、自分の成長にもつながります。

30代の未経験者は転職できない?

未経験から営業にチャレンジするときは、できるだけ20代のうちに行動してくださいね。

30代になると、未経験から応募できる求人は、一気に少なくなります。

理想は「28歳まで」に行動することです。

なぜ28歳までに行動したほうがいいかというと、未経験から応募できる求人数が28歳をピークに、どんどん少なくなっていくからです。

ここでは、僕が扱っている、未経験から応募可能な求人数を、年齢別に紹介しておきます。

未経験向けの年齢別の求人数
  • 20歳:97件
  • 21歳:107件
  • 22歳:151件
  • 23歳:205件
  • 24歳:236件
  • 25歳:284件
  • 26歳:288件
  • 27歳:285件
  • 28歳:294件
  • 29歳:288件
  • 30歳:250件
  • 31歳:231件
  • 32歳:229件
  • 33歳:210件
  • 34歳:191件
  • 35歳:173件
  • 36歳:100件
  • 37歳:98件

この数値を見ていただくと、未経験から応募できる求人数は、20歳から28歳まで増え続けて、29歳からどんどん減っていくのがわかりますよね。

また年齢が高くなると、求人数が少なくなることに加えて、頭が固くなって、フットワークが重くなることも致命的です。

20代と30代を比べると、行動に対するエネルギー量が大きく違ってきます。

未経験から営業に転職して成果を出すためには、エネルギー量の多さはめちゃくちゃ重要なので、20代のうちに行動してくださいね。

営業未経験だった僕が感じていた不安とは?【営業に転職した後の年収の変化】

営業職 転職 不安

未経験から営業に転職することに対して、多くの人が不安を抱くと思います。

僕は26歳の時に未経験から営業に転職しましたが、当時は営業に挑戦することに対し不安を抱えていました。

「本当に自分にできるのだろうか…」
「ブラック企業だったらどうしよう…」
「ノルマとか厳しいのかな…」
「離職率が高いけど大丈夫か…」
「残業が多かったら嫌だな…」

僕は営業に転職が決まった後の入社日までの数日間で、このような不安を感じていました。

しかし、まだやってもないことに不安を感じていても、一歩も前に進めないと思い、「やるからには自分から動いてめちゃくちゃやってやる!」と考え方を切り替えました。

不安を解消する唯一の方法は、自ら行動してみることです。

情報収集ばかりしていると、不安や心配なことだけが増えていき、フットワークがどんどん重くなってしまいます。

少しでも、営業に転職したいと思うなら、最後は勢いです。

営業に転職して失敗しても、別に命を取られるわけじゃありません。

やらずに後悔するぐらいなら、やって後悔したほうが絶対にいいです。

新しいことに挑戦するときは、誰でも不安を感じるものなので、勢いに任せて一歩前に踏み出しましょう。

僕自身も勢いで営業に転職しましたが、今思うと、あのとき営業に転職して本当に良かったと思います。もし営業に転職していなかったら、年収や仕事に対する価値観が、今よりも格段にショボかったと思います。

ちなみに僕は26歳の時に年収200万円のフリーターから営業に転職して、年収500万円を稼げるようになりました。

本人の頑張りや成果を出せるかにもよりますが、年収300万円以下の人は、新規開拓の営業に転職できれば、年収を増やせる可能性は高いです。

また中途採用の市場には、営業の求人がたくさんあるので、営業経験があれば転職しやすくなります。

そのため、「将来仕事に困らないようになりたい」という方にも、営業はおすすめの仕事です。

スポンサーリンク

おすすめの営業職が新規開拓の法人営業である理由【まとめ】

最後に「おすすめの営業職が新規開拓の法人営業である理由」の要点をまとめておきます。

  • 営業未経験からの転職に1番おすすめなのは新規開拓の法人営業
  • 新規開拓の営業には個人営業と法人営業がある
  • 未経験者はホワイト企業の営業職に転職しにくい
  • 未経験から営業にチャレンジするには28歳までがおすすめ
  • 営業への転職の不安は行動しないと解決しない
  • 営業に転職すればフリーターでも年収500万円の可能性がある

僕は26歳で未経験から営業に挑戦しましたが、営業を経験する前と後では、仕事や人生に対する価値観が大きく変わりました。

あのとき営業に挑戦して、本当に良かったと思っています。

「人生を変えたい」「底辺から抜け出したい」「大きく成長したい」と考えている方は、絶対に営業の経験を積んでおいたほうがいいです。

営業未経験だと選べる営業の求人は限られてきますが、僕の経験上、新規開拓の法人営業を経験するのが、1番コスパが高いと思います。

この記事が、少しでもあなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク