• 転職するべきかどうか悩んでいる…
  • 転職するタイミングがわからない…
  • 転職すべきかチェックしたい…

このような方に向けて記事を書いています。

転職した方がいいかもしれないと悩みながら、なかなか行動できずに今の会社に居続けてしまう人はたくさんいます。

結論からいうと、今すぐ転職すべき人の3つの特徴はこちらです。

今すぐ転職すべき人の3つの特徴
  • 心身のストレスで疲労が蓄積している人
  • 人事異動によって実力が発揮できなくなった
  • 業績悪化で危機的な経営状況の会社で働いている人

この中の一つでも当てはまる人は、できるだけ早めに転職した方がいいです。

転職のタイミングを間違えると、転職できない状況になってしまう危険性もあります。

そうなると、もう手遅れです。

この記事を書いている僕は、20代向けのキャリアアドバイザーをやっていますので、今回は僕の経験をもとに、「今すぐ転職すべき人の3つの特徴」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

今すぐ転職すべき人の3つの特徴【転職のタイミングを逃すと危険!】

転職すべき人

今すぐ転職すべき人の3つの特徴は、以下のとおりです。

今すぐ転職すべき人の3つの特徴
  • 心身のストレスで疲労が蓄積している人
  • 人事異動によって実力が発揮できなくなった人
  • 業績悪化で危機的な経営状況の会社で働いている人

昔は一つの会社で一生働き続けるというのが、当たり前の時代だったので、転職する人は珍しい存在でした。

「転職する人=嫌なことから逃げ出す人」というように、マイナスの印象を持たれていたほどです。

しかし今の時代は、転職するのが当たり前になっています。

転職が当たり前になっている理由は、一つの会社で学べることには限界があるからです。

いまはインターネットの普及によって、市場から求められるものがどんどん入れ替わり、求められるスキルや経験も日々変わってきています。

このような時代では、様々なスキルや経験を身に付けるために、常に自分を磨いておかないと、人材の市場価値は上がらず、会社にとって不要な人材になってしまいます。

実際に生涯安泰だと言われていた大手企業でさえも、中堅社員の大幅リストラを決行している状況です。

大企業のぬるま湯に浸かってきた45歳以上の社員たちは、個人のスキルをほとんど身に付けていないので、大企業時代と同条件で受け入れてくれる会社はほとんどありません。

実際にこのようなミドル世代の転職支援をする、転職エージェントの方に話を聴いてみると、大企業から放り出された45歳以上の人たちは、他の企業で活かせるスキルはないのに、プライドだけ高くなってしまい、前職と同じ給与水準を求める人ばかりのようです。

求める条件が高すぎて、転職先は当然見つからないので、半年以上も転職活動を続けているのに決まらない人が大多数になっています。

20代30代の若者は、このようなミドル世代と同じことにならないように、生涯学び続けて、自分の市場価値を高め続けることが重要です。

ここからは「今すぐ転職すべき人の3つの特徴」をそれぞれ解説していきます。

今すぐ転職すべき人①【心身のストレスで疲労が蓄積している人】

転職すべき人

今すぐ転職すべき人の特徴の一つ目は、心身のストレスで疲労が蓄積している人です。

心身のストレスで疲労が蓄積してしまっている人は、そのまま仕事を続けていると疲労で倒れてしまう危険性があります。

心身のストレスを抱えている人の中には、精神的な病気になってしまい、仕事復帰に数年かかってしまうという人もいます。

僕が面談した求職者の中には、月に2~3日しか自宅に帰れず、オーバーワークで心身ともに病んでしまい、療養の延長で5年間ニート生活を続けていたら、どこにも就職できなくなってしまったという人もいました。

いつまで経っても、心身のストレスが蓄積する状況が改善されないのなら、今すぐ転職するべきです。

今すぐ転職すべき②【人事異動によって実力が発揮できなくなった人】

転職すべき人

今すぐ転職すべき人の特徴の二つ目は、人事異動によって実力が発揮できなくなった人です。

もともと実力で成果を出していた人が、人事異動によって他の部署に移り、仕事が変わったことで、実力を発揮できなくなったパターンです。

本人が蓄積した知識や経験を活かせない仕事に移動すると、なかなか成果を出すのは難しいです。

実力が発揮できないと成果は出ませんし、成果が出ないとモチベーションも上がりません。

そのような環境では、自分のスキルも上がらないので、ただただ時間を無駄にしてしまいます。

それでも自分の経験値を上げるために、あえてその厳しい環境で自分を成長させるという目的があればいいですが、そうでない場合は、まず会社に相談してみましょう。

会社に相談してもダメなら、今すぐ転職すべきです。

今すぐ転職すべき③【業績悪化で危機的な経営状況の会社で働いている人】

転職すべき人

今すぐ転職すべき人の特徴の三つ目は、業績悪化で危機的な経営状況の会社で働いている人です。

業績が悪化している会社は、倒産のリスクがあるので、従業員は仕事を失って路頭に迷うリスクがあります。

会社に恩義を感じていても、潰れてしまっては元も子もないです。

倒産のリスクがあるほど追い詰められている会社では、新しい仕事に挑戦する機会はほとんどありません。

目の前の売上を確保するために必死なので、長期投資して新規事業に取り組んでいる時間などないのです。

このような状況では、新しいスキルや経験は積めないので、自分の市場価値を高めることはできません。

業績が悪化している会社に、在籍し続けるメリットがないなら、今すぐ転職するべきです。

スポンサーリンク

今すぐ転職すべき人の3つの特徴【まとめ】

最後に「今すぐ転職すべき人の3つの特徴」をまとめておきます。

  • 心身のストレスで疲労が蓄積している人
  • 人事異動によって実力が発揮できなくなった人
  • 業績悪化で危機的な経営状況の会社で働いている人

この3つのどれかに当てはまったら、今すぐ転職するべきです。

求職者の転職相談に乗っていると、なかなか行動に移せない人が多いという印象があります。

しかし、転職のタイミングを逃すと、人生にとってマイナスしかありません。

少なくとも、今回紹介した3つの特徴は、緊急度の高い転職の動機になるので、できるだけ早めに行動するのがおすすめです。

この記事が少しでも、あなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク