• 20代でやるべきことが知りたい
  • 20代を後悔しないように生きたい
  • 人生の選択で失敗したくない

このような方に向けて記事を書いています。

ドフラ
こんにちは、キャリアアドバイザーのドフラです。

僕は転職エージェントで仕事をしていますので、「20代のうちに何をやっておくべきか知りたい」という相談を受けることが多いです。

結論からいうと、20代のうちにやっておくべきことは、この3つです。

20代でやっておくべきこと
  • 大量の書籍を読む
  • 自分よりレベルの高い人とたくさん話す
  • メンタルブロックをぶっ壊す

この記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円の底辺フリーターでしたが、この3つを実践した結果、20代で年収500万円を稼げるようになりました。

今回はこの部分を解説していきます。

スポンサーリンク

20代にしておきたいこと【年収500万円は誰でも稼げます】

20代にしておきたいこと

20代のうちにやるべきことは、この3つです。

20代でやっておくべきこと
  • 大量の書籍を読む
  • 自分よりレベルの高い人とたくさん話す
  • メンタルブロックをぶっ壊す

僕は20代で人生をやり直すために、いろいろなことを実践してきました。

たとえば、ひとりで海外旅行に行ったり、セミナーを受けに行ったり、経営者に話を聴きに行ったり、自分でスモールビジネスを立ち上げてみたり…。

この中でも、自分の人生に、特に大きな影響を与えたのが、この3つになります。

ここで、残念なお知らせがあります。

この記事を書いている僕は、会社員として年収1000万円という高収入を稼いだことはないので、年収1000万円稼ぎたい方には、あまり参考にならないかもしれません。

しかし、まずは20代で年収500万円稼ぎたいという方には、役に立つ情報だと思います。

僕が思うに、会社員で年収500万円ぐらいなら、誰でも稼げます。

ここからは、20代にしておきたいこと3つをそれぞれ紹介していきます。

20代にしておきたいこと①【大量の書籍を読む】

20代にしておきたいこと

20代にしておきたいことの一つ目は、大量の書籍を読むことです。

書籍の内容には、著者が人生を通して発見したノウハウが詰め込まれているので、書籍を一冊読むと一人分の人生を疑似体験することができます。

つまり、書籍を読めば読むほど、多くの人の人生を体験することができ、強くてニューゲーム状態になるのです。

たとえば、書籍を100冊読めば、100人分の経験を自分の中にインプットできるので、人間としてかなり強くなります。

僕は20代のときに、300冊ほどの書籍を読んだおかげで、人生観が大きく変わりました。

「どの本を読めばいいか?」という質問を受けることも多いですが、極論をいうと、よく売れている書籍であれば、何を読んでもいいと思います。

特に長年売れ続けているベストセラー本には、人生にプラスになる情報が大量に書いてあります。

大事なことは、大量に読むことです。

書籍一冊はたったの1,500円で買えるものなので、買うか買わないか迷っている時間があったら、とりあえず買ってしまいましょう。

1,500円で他人の人生を疑似体験できると思ったら、かなり安いと思いませんか?

金銭的にどうしても厳しいという方は、Kindle Unlimitedなどの月額制の読み放題サービスを利用してもいいと思います。

ちなみに、僕は毎月10冊の書籍を買い、Kindle Unlimitedにも加入していますが、頭の中に情報が残っているのは、購入した本の内容ですね。

20代のうちに大量の書籍を読んで、大量の情報をインプットしておくのがおすすめです。

20代にしておきたいこと②【自分よりレベルの高い人とたくさん話す】

20代にしておきたいこと

20代にしておきたいことの二つ目は、自分よりレベルの高い人とたくさん話すことです。

「自分のまわりにいる5人の平均が自分になる」という話があります。

たとえば、自分の周囲にいる家族や友達、同僚などの年収を平均すると、自分の年収になるということです。

ですから、年収を上げたいと思ったら、自分よりレベルの高い人たちを、自分のまわりの5人にする必要があります。

そのためには、自分よりレベルの高い人と、たくさん会わなければいけません。

僕は20代でIT業界の営業をやっており、商談する相手がほぼ経営者だったので、会社員の自分よりレベルの高い人と毎日話すことができていました。

経営者と話していて勉強になるのは、会社員を辞めた後、どうやって経営者になったのかという話が聴けることです。

日本は資本主義社会なので、資本主義ゲームを攻略しない限り、時間もお金も自由も手に入りません。

20代のうちに、会社員以外の生き方があることを知っておくのは、めちゃくちゃ大事だと思います。

20代にしておきたいこと③【メンタルブロックをぶっ壊す】

20代にしておきたいこと

20代にしておきたいことの3つ目は、メンタルブロックをぶっ壊すことです。

人間は、自分が思い描く未来しか、描けないようになっています。

これは、自分が知っていることをベースに、目標設定をしたり、将来の夢を考えたりするからです。

たとえば、日本人の多くが、サラリーマンとして働いているのは、経営者として働くことに対して、メンタルブロックがあるからです。

営業マンの場合だと、「営業=お客様に嫌がられること」というマインドを持っていると、絶対に商品は売れません。

いっぽうで、「営業=お客様の課題を解決する仕事」というマインドを持っている営業マンは、商品を簡単に売ります。

僕は20代の転職相談によく乗りますが、28歳以降の方は頭が固くて、フットワークも重い印象です。

それまで生きてきた経験からつくられた固定概念によって、知らない世界に飛び込むマインドがなくなっているのです。

ですから、20代のうちに「メンタルブロックをぶっ壊す習慣」を身に付けておくのは大事です。

20代でメンタルブロックをぶっ壊す習慣が身に付くと、30代以降も人生をよくするための挑戦をし続けることができます。

スポンサーリンク

20代にしておきたいこと【まとめ】

最後に「20代にしておきたいこと」をまとめておきます。

  • 大量の書籍を読む
  • 自分よりレベルの高い人とたくさん話す
  • メンタルブロックをぶっ壊す

この記事を書いた僕は、20代の時にこの3つを実践して、底辺人生から這い上がることができました。

経験なし・スキルなし・人脈なしの状態だった、底辺フリーターの僕でも会社員で年収500万円稼げたのですから、あなたも年収500万円ぐらいなら稼げると思います。

あとは、この記事を読んでから、やるかやらないかだけです。

小さな一歩からでもいいので、何か始めてみてくださいね。

スポンサーリンク