• フリーターから正社員に就職したい…
  • いい加減フリーターから卒業したい…
  • フリーターの自分が恥ずかしくなってきた…

このような方に向けて、記事を書いています。

やりたいことが見つからず、何となくフリーターを続けている人は、たくさんいます。

結論からいうと、フリーターから正社員に就職したいなら、職種は「営業職」を選ぶのがおすすめです。

営業職がおすすめな理由は、フリーターでも採用されやすい点と、将来仕事を失うリスクが低い点です。

この記事を書いている僕は、26歳までフリーターでしたが、転職エージェントを利用したら、IT業界の営業職の正社員に転職できました。

現在はフリーター向けのキャリアアドバイザーとして、年間数百名のフリーターの転職サポートをしています。

今回は「フリーターから就職するなら職種は営業職がおすすめな理由」について解説していきます。

スポンサーリンク

フリーターから就職するなら職種は営業職がおすすめな理由

フリーター  就職 職種

フリーターからの就職に、おすすめの職種は「営業職」です。

世間のイメージとしては、「フリーターは責任感がない」とか「フリーターは社会から逃げている」とか思われています。

しかし、フリーターの方にも、それぞれフリーターにならなければいけなかった理由があると思います

「バンドマンの夢を追いかけていた…」
「家族の介護でどうしようもなく…」
「やりたいことが見つからなった…」
「ブラック企業に疲れて休んでいた…」

人には様々な理由があるものです。

ただし、事情はどうあれ、フリーター生活を続けていると、それはそれで、人生が不利になってしまうのも事実です。

この記事を書いている僕自身も、26歳まで年収200万円のフリーターでした。

フリーター当時は年収200万円しかなかったので、かなりの底辺生活を送っていました。

僕は26歳のときに、何とか正社員に転職できて、底辺人生から抜け出せたので、フリーターの方に有益な情報を届けたいと思っています。

ここからは、フリーターの方が正社員になるための方法を解説していきます。

フリーターから正社員になれる職種は限られている

フリーターから正社員 職種

フリーターから正社員になるためには、大前提として「フリーターが選べる職種は限られている」ということを理解しておく必要があります。

「フリーターだからって差別するのはダメだろ!」

そう思う気持ちは、わかります。

僕も転職活動中のときは、同じことを思っていました。

しかし、フリーターが選べる職種は限られている、という事実を知っておかないと、受からない求人にたくさん応募して、たくさん落選して、転職する気がなくなってしまう、という負のスパイラルになります。

「正社員に転職しよう!」と決意して、行動するためには、かなりのエネルギーが必要だったと思うので、勝てない場所で戦ったせいで、そのエネルギーを失ってしまうのは、もったいないです。

転職市場に出ている求人の中で、人気企業の求人や専門性の高い職種は、そもそも選考のハードルが高いので、中途採用はやっていますが、前職での実績や経験が求められる会社がほとんどです。

このような人気の求人には、有名大学出身のエリート社員や、業界経験3年以上の強者社員たちの応募が殺到します。

ここにフリーターの人が応募して、選考を勝ち抜けると思いますか?

残念ながら、無理です。

かつての僕もフリーターながら、人気求人に応募しまくりましたが、全て書類選考で落選しました。

悔しいですが、これが現実です。

フリーターから正社員に転職するためには、フリーターでも採用されやすい求人に、応募しなければいけません。

現実を受け止めないと、正社員になれないということですね。

フリーターの方が応募すべき求人は、「社会人未経験OK」「フリーター歓迎」「正社員経験不問」など、応募条件のハードルが低い求人になります。

ただし、どのような求人でもいいわけではありません。

適当に会社を選んで、ブラック企業に入社したら大変です。

ここからは、どのような求人を選ぶべきかを解説していきます。

どの業界を選ぶかで稼げる金額は決まる

フリーター  就職 職種

「フリーターから正社員になりたい」という理由で、転職を決意したあなたは、本当に素晴らしいと思います。

ただし、ブラック企業を選ばないように、注意しましょう、

そのためには、求人の選び方が大事です。

まずは、ざっくりでいいので、転職する目的を決めていきましょう。

「年収500万円くらい稼ぎたい」
「将来性の高いスキルを身に付けたい」
「IT業界の経験を積みたい」
「プライベートの時間が確保できる仕事がいい」

このような目的ですね。

全ての目的を実現するのは難しいので、「これだけは譲れない!」という目的を1つだけ決めましょう。

フリーターから正社員になりたい人の転職理由で、1番多いのは「収入アップ」です。

転職で「収入アップ」という目的を達成するためには、稼げる仕組みがある会社を選ばないといけません。

お金が稼げるかどうかは、企業のビジネスモデルが儲かりやすいかどうかに、大きな影響を受けます。

一般的には「儲かりやすい会社=給料が高い」となり、「儲かりにくい会社=給料が安い」となります。

ですから、儲かりやすい会社を選ばないと、転職後に収入アップするのは難しいです。

たとえば、広告業界、IT業界、化学業界などは、儲かりやすいビジネスモデルです。

儲かりにくいビジネスモデルは、警備業、飲食業、販売業などの労働集約型のビジネスですね。

中年フリーターは正社員就職できない【27歳までが限界です】

中年フリーター

フリーターから正社員になりたい人は、できれば27歳までに転職するのがおすすめです。

これは27歳を超えると、未経験から応募できる求人が少なくなってしまうからです。

その根拠として、キャリアアドバイザーの僕が紹介できる、未経験向けの求人数を年齢ごとに紹介しておきます。

未経験から応募できる求人数
  • 20歳:96件
  • 21歳:103件
  • 22歳:116件
  • 23歳:134件
  • 24歳:137件
  • 25歳:156件
  • 26歳:157件
  • 27歳:160件
  • 28歳:160件
  • 29歳:159件
  • 30歳:146件
  • 31歳:140件
  • 32歳:140件
  • 33歳:138件
  • 34歳:134件
  • 35歳:121件
  • 36歳:92件
  • 37歳:90件
  • 38歳:90件
  • 39歳:87件
  • 40歳:70件

このデータを見ていただくと、27~28歳をピークに、求人数がどんどん減っていくのがわかると思います。

たしかに、30代でも応募可能な求人はありますが、20代の応募者と比較されると、どうしても落選しやすいのが現実です。

フリーターからスムーズに正社員に転職するためには、27歳までに行動したほうがいいです。

僕がフリーターの方の転職サポートをしてきて思うのは、27歳以下の求職者と28歳以上の求職者では、書類選考の通過率が全然違ってくるということです。

年齢が高くなるほど、書類選考の通過率は悪くなっていきますね。

スポンサーリンク

フリーター専門の転職エージェントを利用しよう!

フリーター  就職 職種

日本には約420万社の会社があるので、その中から自分に合った求人を選ぶのは大変ですよね。

ある程度、転職の目的を決めていたとしても、膨大な求人の中から応募企業を選ぶのは、めちゃくちゃ時間がかかります。

転職サイトに登録して求人を探しても、結局求人を見ているだけで1日が過ぎてしまう、という人も多いと思います。

フリーター時代の僕もそんな感じで、なかなか転職活動が進まなかったです。

自分ではどうしようもできないと思った僕は、転職エージェントを利用したおかげで、IT業界の営業職に転職することができました。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが転職相談に乗ってくれますし、相談内容をもとに自分に合った求人をピックアップしてくれます。

応募したい求人が決まったら、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策までしっかりサポートしてくれるので、初めての転職に不安がある方でも、安心して転職活動を進められます。

転職エージェントの中には、フリーター向けの転職エージェントと正社員向けの転職エージェントがあるので、フリーターに特化した転職エージェントを選ぶようにしてくださいね。

最後に、フリーターにおすすめの転職エージェントを紹介しておきます。とりあえず登録しておいて、損はないと思います。

✔フリーター向けの転職エージェント5社【すべて無料で利用できる】

【リクルートエージェント】

※正社員経験のあるフリーターにおすすめ。業界最大手の転職エージェント。幅広い業界の非公開求人が大量に紹介してもらえる。

【パソナキャリア】

※正社員経験のあるフリーター向け。幅広いジャンルの求人を扱っており、大手企業や上場企業などの非公開求人も紹介してもらえる。

マイナビジョブ20's

※大卒以上の第二新卒・既卒に特化。圧倒的な知名度。全求人が20代対象。年間45,000人以上の登録実績。無料適性診断テストあり

【第二新卒エージェントneo】

※中卒・高卒・専門卒・大学中退・フリーターに特化。未経験OKの求人5000件以上。10時間以上の手厚いフォロー。

【ウズキャリ既卒】

※フリーター・ニートに特化。ブラック企業は徹底排除。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

フリーターから就職するなら職種は営業職がおすすめな理由

今回のまとめです。

  • フリーターから就職するなら職種は営業職がおすすめ
  • 営業職はフリーターでも採用されやすい
  • 営業職は将来仕事を失うリスクが低い
  • フリーターから正社員になれる職種は限られている
  • どの業界を選ぶかで稼げる金額は決まる
  • フリーターは27歳までに転職するのが理想
  • フリーター専門の転職エージェントを利用するのがおすすめ

フリーターから正社員になりたい人は、今回の内容を参考にして、転職活動を進めていただければ、高い確率で正社員になれると思います。

正社員として実績と経験を積んだ後は、さらに自分の市場価値を高めるために転職をくり返したり、自分で事業をつくったりするのもおすすめです。

いまは、一社で定年まで勤めあげる時代ではないので、複数回の転職や起業も視野に入れて、正社員としての時間を過ごした方がいいですよ。

まずは、その第一歩として、フリーターから正社員になりましょう。

フリーターと正社員では、会社から任せてもらえる仕事内容が、全然違いますからね。

正社員の方が多くの経験を積めるので、専門知識やスキルが身に付きやすいです。

この記事が少しでも、あなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク