「時間とお金の自由を手に入れたい」
「搾取される人生から抜け出したい」
「資本主義ゲームを攻略したい」

このような方に向けて、記事を書いています。

会社員は他人がつくったビジネスモデルの中で働いているので、一生時間とお金の自由を手にすることはできません。

時間とお金の自由を手に入れるためには、どうすればいいか?

結論からいうと、価値観の違いを受け入れると、資本主義ゲームの攻略法がわかります。

ドフラ
こんにちは。資本主義ゲームの攻略にフルコミットしているドフラです。

この記事を書いている僕は、勤め人として固定給を稼ぎつつ、自分のビジネスモデルを構築するために日常のスキマ時間を自分の事業に投入し、勤め人卒業を目指しています。

今回は、「価値観の違いを受け入れると資本主義ゲームの攻略法がわかる理由」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

価値観の違いを受け入れると資本主義ゲームの攻略法がわかる!

価値観の違いを受け入れる

「いつか時間とお金の自由を手に入れたい」と夢見るサラリーマンは多いと思います。

しかし残念ながら、サラリーマンとして働いている限り、時間とお金の自由は一生手に入りません。

サラリーマンは毎月固定給が入ってきて、社会保険にも加入できて、社会的信用があるからローンも組みやすい、などの安心感があります。

この安心と引き換えに、サラリーマンは時間とお金の自由を奪われているのです。

この反対に資本家(経営者)たちは、毎月の固定給などの安定を捨てて、時間とお金の自由を手に入れるためにチャレンジしています。

資本家たちは自分でビジネスモデルを考えて、そこから自分のお金が増える仕組みを構築していくことによって、自分が働かなくても資産が増える状態をつくります。

これによって資本家たちは、時間とお金の自由を手にするのです。

つまり、資本家が自分の資産を増やすためのビジネスモデルを構築し、サラリーマンがそのビジネスモデルの中で一生働き続けるということです。

勤め人マインドを変えるためには多くの時間が必要になる

時間とお金の自由を手に入れるためには、勤め人側と資本家側のどちらにいるかが重要になります。

とはいえ、親が資本家でない限り、ほとんどの人は勤め人からスタートすることになります。

つまり多くの資本家は、もともと勤め人だということです。

勤め人として一生を終える人と、勤め人から資本家に変わる人の違いは、勤め人マインドを変えれたかどうかの違いです。

この勤め人マインドを変えるためには、多くの時間がかかるので、めちゃくちゃ大変です。

多くの資本家が、勤め人マインドから資本家マインドに変わるために、大量の書籍を読んでいます。

ほとんどの人は学校教育や家庭教育の中で、子供の頃から勤め人マインドを刷り込まれています。

勤め人マインドとは、「いい学校を出て、いい会社に就職して、出世を目指す」という考え方です。

これは大量の勤め人をつくるためのマインドなので、このマインドを変えれない限り、お金と時間の自由は手に入りません。

スポンサーリンク

価値観の違いを受け入れると不満人生から抜け出せる

価値観の違いを受け入れる

「残業時間が多い…」
「休日出勤が多い‥」
「給料が全然増えない…」
「上司と合わない…」
「仕事にやりがいを感じない…」

このような悩みを抱える、サラリーマンの方はめちゃくちゃ多いです。

僕はキャリアアドバイザーをやっているので、普段から転職希望者と話す機会が多いのですが、今の仕事に不満を感じている人が本当に多いのだなと実感します。

今の仕事に不満のある人は、転職すれば不満が解消されると思っています。

確かに転職によって、一つの不満は解消されるかもしれませんが、新たに別の不満が発生する可能性もあります。

残業時間は減ったけど給料が安い、職場の人間関係は悪くないけど仕事がつまらない、給料は増えたけど休日出勤が多い、などです。

何が言いたいのかというと、サラリーマンとして働いている限り、自分の希望を完璧に満たしてくれる仕事などないということです。

サラリーマンは他人がつくったビジネスモデルの中で働かなければいけないので、会社に対する主導権が全くないのです。

他人が用意した箱の中で働いている限り、他人がつくったルールに従う以外に方法はありません。

それが嫌なら、思考をリセットして資本家側に移動し、自分でビジネスモデルを構築するしかないのです。

会社に対して不満を言い続けている人は、「自分はビジネスモデルを構築する力のない無能な人間だ」と周囲に恥をさらしているようなものです。

柔軟な考え方ができないと資本主義ゲームは攻略できない

資本主義ゲームを攻略するためには、柔軟な考え方を持つ必要があります。

勤め人から資本家に移動しようとするときに、大きな妨げになるのが「働いた分だけ給料がほしい」という勤め人マインドです。

勤め人は自分の労働時間を売ってお金を稼いでいるので、自分が働いた分の労働時間に見合った給料を要求します。

しかし、ビジネスモデルを構築するまでには多大な時間がかかるので、10時間働いても1円も稼げない、1ヵ月働いても1円も稼げない、半年~1年働いても1円も稼げない、ということはざらにあります。

その代わりビジネスモデルが構築できれば、自分が働かなくても自動的にお金が増えていくので、結果的には大きな資産を得ることができます。

勤め人と資本家では、目の前の小銭を追い求めるか、数年後の大きな利益を獲得しに行くかという考え方の違いがあります。

「これだけ頑張ったのだからお金がほしい!」という勤め人マインドを捨てて、「成果の出ないものは切り捨てて、成功するまで挑戦し続ける!」という資本家マインドを取り入れた人だけが、資本主義ゲームを攻略できます。

資本家に移動するためには、固定概念を切り捨てて、常に新しい考えを取り入れるスタンスが必要です。

スポンサーリンク

どの勤め人にも資本家になるチャンスが与えられている

価値観の違いを受け入れる

勤め人の位置から、資本家として生きている人たちをみると、別世界の人間のように思えます。

しかし資本家の多くが、もともとは勤め人なので、根本的には同じ人間です。

極論をいうと、やるかやらないか、だけです。

勤め人から抜け出すために行動した人には、資本家になれる可能性があります。

しかし勤め人のまま何も行動しない人には、一生他人にこき使われる人生しか待っていません。

どの勤め人にも、資本家になるチャンスは与えられているので、あとはそのチャンスを掴みに行くかどうかです。

つまり時間とお金の自由を手に入れるためには、価値観の違いを受け入れて、自ら行動することが重要だということです。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 価値観の違いを受け入れると資本主義ゲームの攻略法がわかる
  • 勤め人マインドを変えるためには多くの時間が必要になる
  • 価値観の違いを受け入れると不満人生から抜け出せる
  • 柔軟な考え方ができないと資本主義ゲームは攻略できない
  • どの勤め人にも資本家になるチャンスが与えられている

勤め人と資本家とでは、お金と時間に対する価値観が全く違います。

勤め人は自分の時間を売ってお金を稼ぎ、資本家は自分のビジネスを構築して、そこからお金を稼ぎます。

自分が働いてお金を稼ぐか、仕組みに働かせてお金を稼がせるか、の違いです。

自分の時間は有限なので稼げるお金は限界がありますが、仕組みは無限に働けるので稼げるお金も無限になります。

勤め人のまま生きていくか、資本家に移動できるように行動するか、どちらの道を進むかはあなたの自由です。

スポンサーリンク