「このままじゃ一生就職できないかもしれない…」と悩んでいる方は、今すぐ就職エージェントに登録するのがおすすめです。

世の中には多くの仕事が存在するので、就職活動の方法を間違えなければ、何かの仕事には就職できるはずです。

何社応募しても就職できない人は、就職に対する考え方を変えなければいけません。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円の底辺フリーターとして生きていました。その後転職して、年収500万円の正社員になることができました。現在はキャリアアドバイザーとして、20代向けに転職サポートをしています。

今回は「一生就職できないと思ったら就職エージェントを頼るべき理由」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

一生就職できないと思ったら就職エージェントを頼るべき理由

一生就職できない

「一生就職できないかもしれない…」と悩んでいる人は、就職活動のやり方を間違えている可能性が高いです。

正社員経験のない方や、就職活動の経験がない方は、自己流で仕事を探すと失敗しやすいです。

履歴書や職務経歴書の書き方から、面接での受け答えの仕方まで、求職者が内定を勝ち取るまでには様々な課題があります。

初めて就職する人は、右も左もわからずに就職活動を進めているので、何社応募しても落選が続くという状況になってしまうのです。

結論をいうと、10社以上の会社に応募して、1社も内定をもらえない人は、今すぐ就職エージェントに登録したほうがいいです。

就職エージェントでは応募書類の作成から面接対策、応募企業のピックアップまで手厚くサポートしてくれます。

素人が自分ひとりであれこれ悩むよりも、就職のプロに頼んだ方がはやいです。

スポンサーリンク

就職活動のやり方を間違えると一生就職できない

就職活動のやり方を間違えると、一生就職できません。

社会人経験のない人が就職する場合、まずは履歴書や職務経歴書を工夫する必要があります。

就職活動に関する知識がないと、内容がスカスカの応募書類となってしまい、書類選考での落選が続きます。

書類で落ち続けると、面接に進める回数が少なくなるので、全然面接に慣れません。

せっかく面接に進んでも、うまく自己アピールできず、内定を獲得できないのです。

履歴書や職務経歴書の内容を充実させることはもちろんですが、そもそも応募している企業が間違っていることもあります。

スポンサーリンク

応募する企業を間違えると一生就職できない

一生就職できない

社会人になって人生をやり直そうと思っても、応募する企業が間違っていると、一生就職することはできません。

社会人未経験の人が正社員に就職する場合、転職市場に出ている求人に応募することになりますが、転職市場には社会人経験のない人向けの求人と、社会人経験のある人向けの求人があります。

ですから社会人経験のない人が、経験者向けの求人に応募し続けても、一生内定を獲得できないのです。

また本当は経験者を採用したいけど、とりあえず応募数を確保するために「未経験者歓迎」という言葉を求人票に記載している会社もあるので、このような会社に応募しても落選する可能性は高いです。

なぜ未経験者を採用しないのに、「未経験者歓迎」などという言葉を記載するのかというと、求人広告会社の営業マンがアドバイスをしているからです。

「まずは応募数を獲得しないと話になりませんよ!」と言って、未経験者を採用する気のない会社に求人票をつくらせて、「応募数=求人広告の成果」だと思わせるのです。

そうすることによって、企業側は「前回効果があったから、また求人広告を出してみるか~」となるので、求人広告会社の営業マンはニヤニヤです。

就職エージェント経由だと就職できる可能性が高まる理由

いっぽうで就職エージェントに登録していると、担当のキャリアアドバイザーがあなたに合った求人を選んでくれます。

キャリアアドバイザーが選んでくれる求人はすべて、社会人未経験のあたなでも採用されるチャンスのある求人です。

なぜキャリアアドバイザーが選ぶ求人は選考を通過しやすいのかというと、就職エージェントのビジネスモデルは求職者が入社することで、初めて成り立つようにできているからです。

これは、どういうことか?

就職エージェントの収益は、求職者が企業に入社した後で、企業からもらう紹介料で成り立っており、求職者が入社しないとビジネスを継続できないようになっています。

つまり求職者と就職エージェントの最終的な目標は、「正社員に就職する」という共通の目標だということです。

そのためキャリアアドバイザーは、求職者と同じくらいの熱量で、就職成功のために行動してくれます。

書類通過するために書類作成のサポートを手厚くやってくれたり、内定を獲得するために企業ごとのきめ細やかな面接対策をやってくれたり、社会人未経験でも採用してくれる求人を一生懸命探してくれたり…。

これらは求職者のためでもありますが、自分たちの利益を確保するためでもあるのです。

これが、就職エージェント経由だと就職できる可能性が高まる理由です。

複数の就職エージェントに登録するのがおすすめな理由

一生就職できない

就職エージェントに登録すると、あなたの就職をサポートしてくれる、担当のキャリアアドバイザーがついてくれます。

担当のキャリアアドバイザーが書類作成から面接対策、応募企業のピックアップまでをサポートしてくれるのですが、人間同士なのでやっぱり合う合わないがあります。

「自分の希望と全然違う求人しか紹介してくれない」
「面談したけど話が噛み合わない」
「上から目線でやたら偉そうにしてくる」

就職エージェントに対して、このようなネガティブな印象をもつ人もいるようです。

結論をいうと、キャリアアドバイザーとの相性があるので、できれば就職エージェントは複数登録しておくのがおすすめです。

だいたい3社くらい登録すれば、相性の合うキャリアアドバイザーに出会えると思いますよ。

もし就職エージェントは気に入っているけど、担当のキャリアアドバイザーが気に入らない、という場合は、就職エージェントに依頼して、担当を変更してもらうことも可能です。

「一生就職できないかもしれない…」と悩んでいる人は、とりあえず就職エージェントに3社登録してみましょう。

その小さな一歩が、あなたの人生を大きく変えてくれると思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【リクルートエージェント】 :圧倒的な知名度で転職支援実績1位。非公開求人10万件以上。求人市場に精通したキャリアアドバイザーが就職をサポート。

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退のフリーターの就職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

マイナビジョブ20's :20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 一生就職できないと思ったら就職エージェントを頼るべき
  • 就職活動のやり方を間違えると一生就職できない
  • 応募する企業を間違えると一生就職できない
  • 就職エージェント経由だと就職できる可能性が高まる
  • 複数の就職エージェントに登録するのがおすすめ

10社応募しても内定をもらえなかった人は、今すぐ就職エージェントに登録したほうがいいです。

就職エージェント経由で、正しい就職活動の方法を実践すれば、何かの仕事には就職できるはずです。

精一杯の努力をしていても、その努力の仕方が違えば、一生成果は出ません。

効率よく就職活動を進められるので、就職エージェントを利用するメリットは大きいです。

すべて無料で利用できるので、求職者にデメリットは一つもありません。

「とりあえず就職エージェントに登録する」という、小さな一歩から始めてみませんか?

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【リクルートエージェント】 :圧倒的な知名度で転職支援実績1位。非公開求人10万件以上。求人市場に精通したキャリアアドバイザーが就職をサポート。

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退のフリーターの就職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

マイナビジョブ20's :20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。
スポンサーリンク