「28歳から人生をやり直したい…」

このような悩みを抱える、28歳のあなたに向けて、記事を書いています。

28歳になっても、フリーターや派遣社員など、低収入の仕事を続けている人は多いです。

28歳はあと2年で30歳ということもあり、将来に不安を抱きつつも、「こんな自分に人生をやり直せるわけがない…」と諦めてしまっている人も多いです。

結論からいうと、28歳なら人生をやり直すことはできます。

なぜなら未経験者を採用する企業の中には、20代なら正社員経験がなくても採用してくれるところがあるからです。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳の時に年収200万円の底辺フリーターからIT業界の営業職に転職して、28歳で年収500万円稼げるようになりました。現在は20代向けのキャリアアドバイザーをやっていますが、28歳なら十分に人生をやり直すことはできます。

今回は僕の実体験も踏まえて、「28歳で人生をやり直す方法」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

28歳で人生をやり直す方法【底辺労働者が年収500万円稼いだ話】

28歳 人生やり直し

「28歳で人生をやり直すことはできるか?」

この質問に対する答えは、本人次第でできる、です。

年齢が28歳なら、未経験採用をおこなっている企業に、採用される可能性は十分にあります。

僕は20代向けのキャリアアドバイザーをやっていますが、僕が転職サポートした28歳のニートやフリーターでも、正社員に転職して人生をやり直すことができています。

28歳の人たちが転職で有利な点は、年齢の若さです。

転職市場における未経験採用において、年齢が若いというのは最大のメリットになります。

前職で何をやってきたかや、どんな学歴や知識を持っているかよりも、今の年齢が何歳かが重要です。

僕の経験上、18~21歳のように年齢が若すぎたり、20代を過ぎて30歳以上だったりすると、書類審査で落とされる可能性が高くなります。

あなたが今28歳で、人生をやり直したいと思っているなら、28歳のうちに転職して、働く場所を変えるのがおすすめです。

28歳が目指すべき年収とは?

28歳の人が目指すべき指標として、年収があります。

28歳の人は、年収いくらぐらいを目指せばいいのでしょうか?

dodaが公開している「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)」によると、28歳の平均年収は394万円です。

男性で412万円、女性で358万円ですね。

dodaには、大卒社員などのスペックが高い人材も多数登録しているので、ひとつの目安としては28歳で年収400万円あれば、世の中の年収の平均値には乗っていると思っていいでしょう。

ただし、28歳までフリーターや派遣社員だった人が、転職1年目で年収400万円稼げるのかというと、正直ちょっと難しいかもしれません。

ですから長期的な視点で、年齢に対する平均年収に追いつく、という考え方も必要です。

たとえば、先ほどのdodaの公開データによると、30歳は平均年収414万円、31歳は平均年収421万円、32歳は平均年収428万円となっています。

ですから28歳で転職して、2年後の30歳で年収414万円を目指す、という考え方もアリだと思います。

また日本全体の平均年収は約430万円といわれていますので、とりあえず年収430万円を目標にしてもいいですね。

28歳で人生をやり直したいなら仕事を変えるべき!

28歳で人生をやり直したいと思うなら、仕事を変えることは必須です。

あなたが人生をやり直したいと思っている理由は、何ですか?

28歳の人が、人生をやり直したいと思う理由には、このようなものがあります。

  • 年収をアップさせたい
  • 将来使えるスキルを身に付けたい
  • 底辺人生から抜け出したい
  • 将来の不安を解消したい
  • 正社員として働きたい

今の仕事を続けている限り、このような希望を叶えることはできません。

年収をアップさせたいなら、稼ぎやすい業界に転職しなければいけませんし、価値の高いスキルや経験を身に付けたいなら、それができる仕事に就かなければいけません。

今の職場から移動しないと、底辺人生を抜け出すことはできないのです。

世の中には稼げる業界と稼げない業界があり、スキルが身につく職種と何もスキルが身につかない職種があります。

本気で人生をやり直したいと思うなら、年収アップやスキル習得が実現できて、将来の不安を解消できるような仕事を選ぶべきなのです。

28歳ならまだ間に合うので、思い切って仕事を変えましょう。

スポンサーリンク

底辺労働者だった僕でも転職したら年収500万円稼げた

28歳 人生やり直し

僕は26歳まで、年収200万円の底辺労働者として生きていました。

アルバイトを2つ掛け持ちするフリーターとして、地べたを這いつくばって生きていました。

当時は時給900円で、月曜から日曜まで休みなしで働いており、月収は18~20万円程度でした。

実家で暮らしていたので、親のすねをかじって、生活費はほとんどかかりませんでしたが、アルバイトで貯めたお金は海外旅行費と書籍購入費に全てつぎ込んでいました。(今思うと、この時に読んだ200冊の書籍は人生の役に立っていそうです)

26歳の時の貯金は常に0円で、毎月ギリギリの生活をしながら、ただ底辺を生きていました。

年齢を重ねるにつれて、学生時代の友人が教師になったり、上場企業の正社員になったり、結婚して子どもを持ったり、という姿を目の当たりにする機会が増えて、さすがにこのままだとヤバいな…と思うようになりました。

こんなダメダメな僕でも、26歳の時にたまたま転職エージェントに登録して、担当のキャリアアドバイザーにサポートされるがまま、転職活動をおこなった結果、IT企業の営業職に転職することができました。

フリーターの僕を、IT業界の営業職に転職させてくれた当時のキャリアアドバイザーには、感謝しかないですね。

転職後は、右も左もわからないまま仕事に没頭し、先輩や上司の真似をしまくった結果、入社後2年目で年収500万円稼げるようになっていました。

僕はいま20代向けのキャリアアドバイザーとして、当時の僕のような低収入から抜け出したい若者の転職を支援していますが、人生をやり直すなら「営業職」に転職するのがおすすめだと思います。

僕自身がフリーターから営業職に転職して人生をやり直せましたし、僕が見てきた20代の多くも営業職を経験して人生をやり直しています。

特にやりたいことは決まっていないけど、とにかく底辺から抜け出したいという28歳の方は、営業職への転職を検討してみるといいですよ。

ドフラ
僕は転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の営業職に転職できました。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【リクルートエージェント】 :圧倒的な知名度で転職支援実績1位。非公開求人10万件以上。求人市場に精通したキャリアアドバイザーが就職をサポート。

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退のフリーターの就職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

マイナビジョブ20's :20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

30歳までに営業職を経験している人は生涯安泰!?

僕は20代で営業職を経験したおかげで、一生仕事に困らないだろうな、という自信を持つことができました。

営業職の中でも法人営業で、対経営者向けに営業する仕事は、学べることがめちゃめちゃ多いです。

もっというと、その中でも無形商材を扱う営業職を経験できると、人材としての市場価値はかなり高まります。

たとえば、WEBサービスやコンサルティングなどの物体のない商品を扱う営業職は、とにかく頭を使うので知識と経験値がたまりますし、心理テクニックも身につきますし、提案能力も高まります。

工場のライン作業のように、誰でもできる簡単な業務ではありませんが、若いうちにこのような難しい業務を経験しておくと、ビジネスの基礎力が身についた状態で30歳に入れるので、30代以降もあらゆる困難に打ち勝つことができます。

ちなみに転職市場においても、営業職の求人は多いので、30代以降も営業職の経験があれば、転職先に困らないといわれています。

さらに経営者相手に営業をしていると、自然と経営者マインドが自分の中に落とし込まれていくので、「自分でも起業できるかも!」と思うようになり、将来的には会社員以外の人生もみえてきます。

個人的には「底辺労働者→営業職→起業」という道を目指すのがいいと思っています。

今の時代は、どんな会社に勤めていても一生安泰はないので、自分で稼げるスキルを早めに身に付けておくことが重要です。

将来どのような道を選ぶにしても、営業職の経験は自分の財産になるので、30歳までに営業職を経験しておくのはおすすめですよ。

スポンサーリンク

まとめ

この記事のまとめです。

  • 28歳なら人生をやり直せる
  • 底辺労働者でも転職すれば年収500万円稼げる
  • 28歳が目指すべき年収は30歳までに414万円!
  • 28歳で人生をやり直したいなら仕事を変えるべき
  • 30歳までに営業職を経験している人は生涯安泰かも

あなたが今28歳なら、人生をやり直すことを諦めないでください。

極論をいうと、何歳からでも人生はやり直せますが、未経験から転職することを考えると、28歳のうちに行動するのがベストです。

「自分には営業はできない…」「どうせ自分は正社員になれない…」というのは、全てメンタルブロックです。

年収200万円の底辺フリーターも、年収3000万円の会社経営者も、同じ人間です。

両者の違いは、自分に対するイメージの違いからくるものです。

自分は年収200万円しか稼げないと思えば、本当に年収200万円しか稼げませんし、自分は年収3000万円稼げると思えば、将来的にその年収に近づいていきます。

大事なのは自分の固定概念を疑って、より良い人生にするためには、具体的に何をするべきなのかを分析し、とにかく行動することです。

人生をやり直すための第一歩は、営業職に転職することです。

もっというと、営業職に転職するために、まずは転職エージェントに相談してみることです。

未経験からの転職において、28歳という年齢は結構ギリギリなので、できるだけ早めに行動してくださいね。

人間はすぐに忘れる生きものなので、72時間以内に行動するようにしましょう。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【リクルートエージェント】 :圧倒的な知名度で転職支援実績1位。非公開求人10万件以上。求人市場に精通したキャリアアドバイザーが就職をサポート。

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退のフリーターの就職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

マイナビジョブ20's :20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。
スポンサーリンク