「フリーターから営業に転職したい」
「フリーター生活から抜け出したい」
「底辺労働者から脱出したい」

このような悩みを抱える、フリーターに向けて記事を書いています。

何となく就職するのが嫌で、フリーターを続けていたら20代後半になってしまった、という方も多いと思います。

30代がみえてくると、そろそろ正社員になった方がいいかも、と考えるようになりますよね。

しかし、フリーターからの就職は難しそう、というイメージがあり、なかなか行動に移せない人も多いです。

結論からいうと、フリーターから就職するなら、職種は「営業職」を選ぶのがおすすめです。

その理由は、営業職で活躍している人たちの中には、前職がフリーターという人もたくさんいるからです。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳のときにフリーターから営業職に転職して、人生をやり直すことができました。現在は20代向けのキャリアアドバイザーをやっています。

今回は僕の実体験をもとに、「フリーターが営業に転職するメリット」から「フリーターから営業に転職する方法」までを解説していきます。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

フリーターから営業に転職した僕の体験談【休日とお金が手に入った】

フリーターから営業

「本当にフリーターから営業に転職できるの?」
「フリーターから人生やり直せるの?」

このような疑問を解消するために、まずは僕のダメダメなエピソードを紹介します。

僕は26歳までフリーターをしていたのですが、当時は時給900円くらいで、月曜から日曜までの週7日間を休みなしで働いていました。

当時のアルバイトは、CADで図面を引く仕事と倉庫作業の2種類でした。

アルバイトなので責任もなく気楽でしたが、当時は週60時間も働いていたのに、月給は18~20万円程度だったので、このままじゃ一生ここから抜け出せないと思っていました。

当時の僕はまさに、長時間労働をする底辺労働者ですね。

ちなみに、このときに稼いだお金は、全て海外旅行や国内旅行に使っていたので、常に貯金は0円でカツカツの生活をしていました。

恥ずかしながら、「いまが良ければいいでしょ!」という感じで、かなりテキトーに生きていました。

結論をいうと、こんなダメダメな僕でも、営業に転職したら年収500万円稼げるようになり、なんとか人生をやり直せました。

いまでは20代向けのキャリアアドバイザーをやりながら、将来に向けて起業準備を進めるほどに成長しました。

ですから僕は、誰でも人生をやり直せると思っています。

たとえ今がフリーターだったとしても、次に進む場所を間違えなければ、人生は立て直せます。

スポンサーリンク

フリーターだと一生底辺から抜け出せない

フリーターのまま働いていると、一生底辺から抜け出せません。

たいていのフリーターは時給で働いており、だいたい時給1000円前後だと思います。

仮に1ヶ月休みなしで、1日8時間労働をしても、稼げるのは月給24万円です。

フリーターには賞与がないため、仮に365日休まずに働いても、年収288万円しか稼げません。

10代や20代前半までなら、年収288万円でもいいかもしれませんが、20代後半で年収300万円未満だと、かなり低収入だと思った方がいいですね。

日本の平均年収が約430万円なので、年収300万円未満がいかに底辺かがわかると思います。

またフリーターの厳しいところは、経験年数が増えても、給料がいっさい上がらないことです。

アルバイトをやったことがある人なら想像できると思いますが、1年目のアルバイトと5年目のアルバイトの仕事内容ってほとんど同じですよね。

新人アルバイトとベテランアルバイトでは、多少給料に差があるかもしれませんが、せいぜい時給数十円の差です。

つまり、アルバイトとして数年頑張っても、時給数十円の価値しかないということです。

仮に1日8時間労働したとして、時給10円の差なら1日80円の差、時給20円の差なら1日160円の差です。

これって、コスパがめちゃくちゃ悪いですよね。

正社員になれば、月給数万円アップすることもありますし、賞与が数十万~数百万円もらえる会社もあります。

正社員だけが正解とは思いませんが、とりあえずフリーターで働いているよりはメリットが大きいですよ。

スポンサーリンク

フリーターからでも営業に転職できた!

フリーターから営業

「フリーターにも営業に転職するチャンスがあるのだろうか…」

このような不安を抱える人もいますよね。

世間的には、フリーターからの転職は難しい、と思われています。

確かに前職が正社員の人と比べると、フリーターからの転職は難しいかもしれません。

しかし、フリーターからの転職が、無理なわけではありません。

実際に僕自身が、フリーターからIT業界の営業に転職していますし、僕以外にも元フリーターの営業はたくさんいます。

フリーターから営業への転職を成功させるコツは、過去にフリーターを採用した実績のある会社の求人に応募することです。

世の中には、フリーターを一度も採用したことのない会社もあるので、そのような会社の求人に応募しても、なかなか採用されません。

僕の場合は、創業5年ほどのIT系ベンチャー企業を、転職先に選びました。

フリーターは転職市場で就職先を探すことになるのですが、転職市場には正社員経験のあるライバルがたくさんいます。

転職市場の中で人気の求人は、「大企業の求人」です。

大企業には、安定している、将来性が高い、労働環境が整っている、などのイメージがあるので、多くの求職者が大企業の求人に殺到します。

応募者が多い求人の場合、フリーターが選考を勝ち抜くのは困難なので、フリーターは自分でも内定を獲得できそうな求人を選ぶ必要があります。

IT系ベンチャー企業のように、小規模で創業間もない会社には、求職者の応募が集まりにくいので、フリーターにも十分チャンスがあるのです。

営業の正社員なら土日休み&年収500万円が手に入る

フリーターから就職するなら「営業職」を選ぶべきです。

営業に就職すると、正社員雇用、土日休み、年収500万円など様々なメリットが手に入ります。

営業の仕事は、コミュニケーション能力とやる気があれば、資格や経験がなくても成果を出すことができます。

僕は未経験から営業に挑戦しましたが、転職後1年ちょっとで毎月コンスタントに契約がとれるようになり、年収は約450万円になりました。

転職後に僕がやったことは、社内で1番契約がとれている営業マンの完コピをしただけです。

どこの会社にもトップセールスマンがいるので、その人の丸パクリをすれば、誰でもある程度の成果は出せると思います。

このように営業で成果を出す方法は、めちゃくちゃシンプルなので、知識や経験のないフリーターでも営業に転職すれば、年収500万円ぐらいは簡単に稼げると思いますよ。

フリーターから本気で営業を目指そうと思った方は、フリーターの転職に強い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

世の中にはたくさんの転職エージェントがありますが、フリーターに特化した転職エージェントには、フリーターから営業への転職を成功させた実績がたくさんあります。

企業の選び方から書類作成、面接対策まで手厚くサポートしてくれるので、転職活動の経験がないフリーターの方は、一度相談してみてくださいね。

まとめ

この記事のまとめです。

  • フリーターだと一生底辺から抜け出せない
  • フリーターからでも営業に転職できる
  • 営業の正社員なら土日休み&年収500万円が手に入る
  • 営業の仕事はできる営業マンを丸パクリするだけで成果が出る
  • フリーターから就職するなら営業職を選ぶべき

今回はフリーターから営業に転職した、僕の体験談をもとに「フリーターが営業に転職するメリット」から「フリーターから営業に転職する方法」を解説しました。

人生は何歳でもやり直せますし、フリーターからでも営業に転職することはできます。

人生をやり直せるかどうかは、本人の本気度次第ですね。

どちらにしても、フリーターとして働いている限り、底辺人生からは一生抜け出せないので、どこかのタイミングで覚悟を決めるしかありません。

結局は、やるか、やらないかだけですよ。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【リクルートエージェント】 :圧倒的な知名度で転職支援実績1位。非公開求人10万件以上。求人市場に精通したキャリアアドバイザーが就職をサポート。

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退のフリーターの就職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

マイナビジョブ20's :20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。
スポンサーリンク