人間関係 うまくいかない

「人間関係がうまくいかない…」
「上司とそりが合わない…」
「職場のストレスがきつい…」

このような方に向けて記事を書いています。

学校や会社など集団生活をする上で、避けて通れないのが「人間関係」です。

集団の中に自分と合う人がいればいいのですが、誰とも合わないとストレスがたまりますよね…。

結論からいうと、人間関係がうまくいかないのは、人間の本質を理解していないからです。

人間は「論理的に考えて、感情的に行動する生き物」なので、これを踏まえて他人と関わる必要があります。

ドフラ
こんにちは。WEBマーケターのドフラです。

記事を書いている僕は、これまでに165社の企業から、WEBサイト制作やWEBコンサルサービスのご契約をいただいた実績があります。僕の実体験をもとにした記事なので、リアルな情報が届けられるかと思います。

この記事では、人間関係がうまくいかない人に向けて、「人間関係で失敗しないための6つのポイント」を紹介しています。

この記事を読んで行動すれば、徐々に人間関係のストレスがなくなっていくと思います。

3分で読める内容ですので、それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

人間関係がうまくいかない!失敗する人の6つの共通点とは?

人間関係がうまくいかない人は、自分の考え方や行動の価値観を変えると、うまくいくようになります。

多くの人が人間関係で失敗する理由は、人間の本質を理解せずに、他人と関わってしまっているからです。

人間関係で失敗しないポイントは、こちらの6つです。

  • 相手の自尊心を傷つけると損をする
  • 相手のマウントをとろうとすると人望を失う
  • 人は論理的に考えて感情的に行動することを理解する
  • 相手を一方的に批判すると自分が損するだけ
  • 他人の悪口を言わず、他人を理解しよう
  • 完璧な人間などいないことを理解する

ここからは、それぞれ詳しく解説していきます。

相手の自尊心を傷つけると損をする

「はちみつを手に入れたいなら、はちの巣をつつくな」ということわざがあります。

これはどういう意味か?

はちの巣をつつくと、逆襲されるという意味です。

はちみつが欲しいなら、無理やり奪おうとはせず、はちの協力が得られるような方法を使う必要がある、ということです。

冷静に考えれば当たり前だとわかりますが、多くの人は普段の人間関係において、はちの巣をつつくような行為をしてしまっています。

相手の協力を得ようとしているにも関わらず、相手の反感を買うような言葉で、人間関係を破壊してしまっているのです。

相手の協力を得たいなら、相手の自尊心を傷つけてはいけません。

相手を脅して、無理やり言うことを聞かせようとするのではなく、相手の自尊心を満たして、協力したくなるように働きかけることが大事です。

相手に投げかける言葉に十分注意して、お互いに気分よく過ごせるように意識しましょう。

相手のマウントをとろうとすると人望を失う

口論をして相手に間違いを認めさせて、相手のマウントをとろうとしても、徒労に終わります。

相手は自分の自尊心を傷つけられたくないので、意固地になって自分の間違いを認めようとしないからです。

相手の間違いを指摘してマウントをとれば、優越感にひたることができて、気分がいいかもしれません。

しかし、それは「人望を失う」という大きな損失を伴います。

なぜなら、相手はマウントをとられたことで、面目丸つぶれになり、気分を害してしまうからです。

相手のマウントをとって相手を動かしても、相手はあなたに好意を持ってくれません。

むしろ反感を買って、「いつか仕返ししてやろう!」と思われてしまい、そのうち全く同じことをされるでしょう。

相手のマウントをとることに何の価値もありません。デメリットしかないのです。

人は論理的に考えて感情的に行動することを理解する

人と接するときは、相手が論理的な生き物ではなく、感情的な生き物であることを前提に対応しましょう。

どんなに論理的に考えているように見えても、人間は究極的には感情で動く生き物です。

「論理的に考えて、感情的に行動する」のが人間の本質ですので、まずはそれを理解しておきましょう。

すべての人は大なり小なり偏見を持っていて、プライドと虚栄心によって突き動かされています

ですから人を動かしたいなら、相手の立場に関係なく、相手の自尊心を満たすような接し方を心がけることが大切です。

相手を一方的に批判すると自分が損するだけ

相手がどんなに間違っていたとしても、一方的に相手を批判するような言葉を投げかけてはいけません。

自分では的確な批判だと思っていても、批判された相手はそれをいつまでも根に持っています。

「いつか仕返してやろう」と思われながら、その先何十年も恨まれるのは嫌ですよね?

たとえば、ほかの人が見ている前で大声で怒鳴られたりすると、相手は恥をかかされて、プライドはズタズタになります。

気分がいいのは批判する側だけで、批判される側も、それを見ている人たちも嫌な気分になってしまいます。

これによって、周囲からは「あの人は相手に恥をかかせることで、自分の自尊心を満たしている最低な人だ」という印象を持たれるのです。

相手のプライドを傷つけるような言葉は、極力控えるように意識しましょう。

他人の悪口を言わず、他人を理解しよう

他人の悪口を言わずに、すべての人の長所だけを見つけるようにしましょう。

多くの人は他人の悪口を言いたがりますが、これは「愚か者の行為」だといわれています。

愚か者は他人をけなし、不平を言うのが大好きなのです。

他人の気持ちを理解できないと、どうしても他人を批判するようになります。

でも他人を理解するのは、なかなか大変ですよね…。

他人を理解する第一歩として、「なぜその人がそういう行動をするのか?」を考えてみましょう。

そのほうが相手を批判するより、何倍も有益です。

これによって、自分の中には「同情と寛容と親切心」を育むことができます。

完璧な人間などいないことを理解する

世の中には「完璧な人間」など存在しません。

ですから他人のあら探しを始めると、いくらでも悪いところが出てきます。

そんなことをして他人を裁いても、何一つ自分に利益はありません。

同僚や部下はもちろん、先輩や上司、社長でさえも未熟な部分があるのです。

「なぜ上司はわかってくれないんだ!」
「社長は自分勝手なことばかり言っている!」

このような感情が出てきても、そもそも他人を変えることなどできません。

自分で変えれるのは、自分の思考や行動だけです。

まずは、自分が改善できることから始めていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ:人間関係で失敗しない6つのポイント

最後に「人間関係で失敗しない6つのポイント」をまとめておきます。

  • 相手の自尊心を傷つけると損をする
  • 相手のマウントをとろうとすると人望を失う
  • 人は論理的に考えて感情的に行動することを理解する
  • 相手を一方的に批判すると自分が損するだけ
  • 他人の悪口を言わず、他人を理解しよう
  • 完璧な人間などいないことを理解する

多くの人は無意識に、相手を批判したり、マウントをとろうとしたり、悪口を言ったり、してしまいます。

「自分の写し鏡が他人」という言葉もあるように、まずは自分の考え方や行動を正していくことが大切です。

人には「自分に好意を持つ相手には好感を持ちやすい」という心理もあるので、嫌いな先輩や上司のことを思いきって好きになってみる、という作戦もアリだと思います。

いずれにせよ自分が変わらなければ、周りの状況も変わらないので、人間関係を良くしたいと思う方は、ぜひこの機会に行動してみましょう。

スポンサーリンク